ミクソリディアンスケールの音程と使用方法 | ギター初心者上達委員会

ミクソリディアンスケールの音程と機能

ミクソリディアンスケールは、ダイアトニックスケールの5番目の音から始まるドミナント系のスケールです。


構成音の音程はルートから見て


【全 全 半 全 全 半 全 】の音程になります。


アイオニアンスケール(メジャースケール)の7度の音を半音フラットさせるとミクソリディアンスケールになります。


ミクソリディアンスケールはブルージーなメジャー感のある、泥臭くないストレートなブルースサウンドが特徴です。


スケールの第4音が、スケールコードであるドミナントセブンスの長3度と半音でぶつかるため、アボイドノート(アヴォイドノート)になります。


ミクソリディアンスケールの特徴となる音は、短7度(m7th)になります。これが、ブルージーな雰囲気を醸し出す音にです。


そして、もう一つの重要な音が、アボイドでもある第4音です。これは、イオニアンスケール(メジャースケール)と同じです。
この第4音が、ブルージーな中で泥臭さを感じさせずにメジャー感のあるサウンドを出す音です。


Cミクソリディアンスケールの音程を五線譜で表すと以下のようになります。




Cアイオニアンスケール(Cイオニアンスケール)



┌――――――――――――――――――――――――┬┐

├――――――――――――――――――――――――┼┤
                       ●
├―――――――――――――――――――●♭―――┼┤
                 ●
├―――――――――――――●――――――――――┼┤
           ●
└―――――――●――――――――――――――――┴┘
     ●
 ―●― ―



  ド  レ  ミ  ファ  ソ  ラ  シ♭  ド



  R  9  M3  4  5  M6 m7  R



  └ 全 ┴ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┴ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┘



ミクソリディアンスケールの使い方

ミクソリディアンスケールはダイアトニックスケールのX番目の音から始まるスケールなので、
ダイアトニックコードの四五番目のコード、X7に対して使用できます。


また、あらゆるコードに対するU―X―TのX7で使用できます。


また、Tメジャーのトライアドやメジャーコード一発のコード進行にも使用することが可能です。
これは、TをT7の7th音を省略しているという解釈で弾くため、当然ですがT△7に使用することは出来ません。


ミクソリディアンスケールで、メロディーやリフを作ると、メジャースケールで作るような、ばかばかしい感じ(ストレートすぎる明るさ)が無くなり、クールなメジャーサウンドになります。