マイナーペンタトニックスケールの音程と使用方法 | ギター初心者上達委員会

マイナーペンタトニックスケールの音程と機能

マイナーペンタトニックスケールは、5つの音から構成されるマイナースケールです。


略して、マイナーペンタ、ペンタ等と呼ばれます。


構成音の音程はルートから見て


【全半 全 全 全半 全】の音程になります。


ナチュラルマイナースケールの2度と6度を抜いたスケールです。


同様に、ドリアンスケール・フリジアンスケールの2度と6度を抜いてもペンタトニックスケールになります。


平行調のメジャースケールの4度と7度を抜くともいえます。


この事からよな抜き(四七抜き)とも言われますが、決してマイナースケールをよな抜きしてはいけません。←当たり前ですが(笑)


平行調のメジャーペンタトニックスケールとは、ルートが違うだけで、構成音は全く同じになります。


また、この音程をブルースペンタトニックスケールと呼ぶ事もありますし、同じものだと解釈している方もいますが、使用できる音やアプローチが異なる事から私は別のスケールと解釈しています。


マイナーペンタトニックには、アボイドノート(アヴォイドノート)はありません。


特に特徴的な音はありませんが、音を外しにくいため、アドリブ時に最も弾きやすく初心者が最初に覚えるべきスケールだと私は思います。


Aマイナーペンタトニックスケールの音程を五線譜で表すと以下のようになります。




Aマイナーペンタトニックスケール



                 ―
                 ●
              ●
┌―――――――――――――――――――┬┐
           ●
├―――――――●―――――――――――┼┤
     ●
├―――――――――――――――――――┼┤
  ●
├―――――――――――――――――――┼┤

└―――――――――――――――――――┴┘


  ラ  ド  レ  ミ  ソ  ラ



  R  m3  4  5  m7  R



  └全半┴ 全 ┴ 全 ┴全半┴ 全 ┘



マイナーペンタトニックスケールの使い方

マイナーペンタトニックスケールはあらゆるマイナーセブンスコードに対して使用することが可能です。


これは、マイナー系のダイアトニックスケールから、2度と6度を抜くと全てのスケールがこのマイナーペンタトニックになるからです。


また、ダイアトニックコード進行上であれば、T(Y)マイナーペンタ一発でアドリブを取る事も出来ます。


ドミナントセブンスコードに対しても使用することが出来ます。


私は、ペンタを理論的に説明する場合、マイナーコードに使用する場合をマイナーペンタトニック、ドミナントセブンスに使用する場合をブルースペンタトニックとして説明しています。
これは、セブンスコードに対してとマイナーコードに対してでは、使用出来るアプローチが若干異なる都合上このように説明していますが、基本的に(世間一般的に)は全く同じものだと覚えて置いてください。


マイナーペンタトニックにテンションを加えていくと、ダイアトニックスケール(エオリアン・ドリアン・フリジアン)になるとも言えますので、まずはマイナーペンタトニックスケールを覚え、ペンタを基準にナチュラルマイナーやドリアンスケール特有の音を覚えて行くと応用が効くようになります。


付加音としては、ブルーノートである♭5thの音も使用できます。
♭5thは、ナチュラルマイナーやドリアンスケールでのフレーズにも使用できますので、併せて覚えてしまうと良いでしょう。