メジャーペンタトニックスケールの音程と使用方法 | ギター初心者上達委員会

メジャーペンタトニックスケールの音程と機能

メジャーペンタトニックスケールは、ダイアトニックスケール・メジャースケール4度と7度を抜いた5音のスケールです。


その構成音から、よな抜き(四七抜き)スケールとも呼ばれます。


構成音の音程はルートから見て


【全 全 全半 全 全半】の音程になります。


同様に、ミクソリディアンスケールと、リディアンスケールの4度と7度を抜いてもメジャーペンタトニックになります。


平行調のマイナーペンタトニックスケールと全く同じ構成音を持っています。


メジャーペンタトニックにはアボイドノート(アヴォイドノート)がありません。


特徴的な音が無い分外れる音も無いため、マイナーペンタと同様に、メジャーペンタもアドリブを組み立てる上での基本スケールと言えます。


Cメジャーペンタトニックスケールの音程を五線譜で表すと以下のようになります。




Cメジャーペンタトニックスケール



┌――――――――――――――――――――――――┬┐

├――――――――――――――――――――――――┼┤
                 ●
├――――――――――――――――――――――――┼┤
              ●
├――――――――――●―――――――――――――┼┤

└―――――――●――――――――――――――――┴┘
     ●
 ―●― ―



  ド  レ  ミ   ソ  ラ   ド



  R  9  M3  5  M6  R



  └ 全 ┴ 全 ┴全半┴ 全 ┴全半┘



メジャーペンタトニックスケールの使い方

メジャーペンタトニックスケールはメジャーコードに対して使用するダイアトニックスケールの4度と7度を抜いている事から、全てのメジャーセブンスコードやドミナントセブンスコードに対して使用出来ます。


しかし、マイナーペンタと違って、メジャーペンタの構成音のみで使用すると、田舎臭いサウンドになるため4度等の音を加えて使用することも多いと思います。