リディアンスケールの音程と使用方法 | ギター初心者上達委員会

リディアンスケールの音程と機能

リディアンスケールは、ダイアトニックスケールの4番目の音から始まるメジャー系のスケールです。


構成音の音程はルートから見て


【全 全 全 半 全 全 半 】の音程になります。


アイオニアンスケール(メジャースケール)の4度の音を半音シャープさせるとリディアンスケールになります。


リディアンスケールは浮遊感のあるフワフワとしたサウンドが特徴です。


アイオニアンスケール(メジャースケール)のアボイドノート(アヴォイドノート)である完全4度(P4th)の音が増4度にシャープしているため、リディアンスケールにはアボイド(アヴォイド)がありません。


リディアンスケールの特徴となる音もこの増4度(#11th)になります。


Cリディアンスケールの音程を五線譜で表すと以下のようになります。




Cアイオニアンスケール(Cイオニアンスケール)



┌――――――――――――――――――――――――┬┐

├――――――――――――――――――――――――┼┤
                       ●
├―――――――――――――――――――●――――┼┤
                 ●
├―――――――――――――●――――――――――┼┤
          #●
└―――――――●――――――――――――――――┴┘
     ●
 ―●― ―



  ド  レ  ミ #ファ ソ  ラ  シ  ド



  R  9  M3 #4  5  M6 M7  R



  └ 全 ┴ 全 ┴ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┴ 全 ┴ 半 ┘



リディアンスケールの使い方

リディアンスケールはダイアトニックスケールのW番目の音から始まるスケールなので、
ダイアトニックコードの四番目のコード、W△7に対して使用できます。


それ以外には、メジャーセブンスコードに対するU―X―TのT△7で使用できます。


また、T△7一発でも使用することが可能です。


T△7一発に、リディアンでメロディーを付けると、メジャースケールとは一味違った浮遊感のあるメロディーになります。