ハーモニックマイナースケールの音程と使用方法 | ギター初心者上達委員会

ハーモニックマイナースケールの音程と機能

ハーモニックマイナースケールは、ナチュラルマイナースケールの第7音(m7th)を半音シャープさせたスケールです。代表的な3つのマイナーモードスケールの一つで、日本語で和声的短音階・和声短音階などと呼ばれます。


ナチュラルマイナースケール(自然的短音階)が、ルートに対する導音(リーディングノート)を持たないため第7音を半音あげて導音にしたものがこのハーモニックマイナースケール(和声的短音階)です。


構成音の音程はルートから見て


【全 半 全 全 半 全半 半 】の音程になります。


ハーモニックマイナーは、クラッシック的な響きや、中近東的な響きも感じられるサウンドが特徴です。


第6音である短6度(m6th)が5度と半音でぶつかるため、アボイドノート(アヴォイドノートとなります)


ハーモニックマイナースケールの特徴となる音は導音でもある長7度(M7th)と、アボイドノートでもあるm6からの全半音(1音半)の不自然な音程です。


Aハーモニックマイナースケールの音程を五線譜で表すと以下のようになります。




Aハーモニックマイナースケール



                    ― ―●―
                   #●
┌――――――――――――――――●―――――――┬┐
              ●
├――――――――――●―――――――――――――┼┤
        ●
├――――●―――――――――――――――――――┼┤
  ●
├――――――――――――――――――――――――┼┤

└――――――――――――――――――――――――┴┘


  ラ  シ  ド  レ  ミ  ファ ソ#  ラ



  R  9  m3  4  5  m6 M7  R



  └ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┴ 全 ┴ 半 ┴全半┴ 半 ┘



ハーモニックマイナースケールの使い方

ハーモニックマイナースケールはダイアトニックスケールではありませんので、ハーモニックマイナーモードから作られるコードに対して使用します。


ダイアトニックモード上ではTm(Ym)トライアド一発の上に使用できます。
コードスケールとしては、TmM7(マイナーメジャーセブンス)に対するスケールとなるのでTm7一発に対しては使用しないほうが無難です(M7がm7とぶつかるため)が、トライアドならば問題なく使用可能です。


また、マイナーコードに対するU―X―T(ツーファイブ)のTm(TmM7)にも使用できます。


実はX7―Tm7をX7からハーモニックマイナーで弾くことが出来るのですが、理論的には、X7に対しては、ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウ(HMP5↓)という長ったらしい名前のスケール(ハーモニックマイナーの5度をルートとした全く同じ構成音のスケール)を弾いていることになりますので、ハーモニックマイナーはTmに対して使用できるスケールと覚えておいてください。


V7―Ym7(X7―Tm7)というコード進行があったら、最もコードに対してはまるのがこのハーモニックマイナースケールです。


Am一発やAm―E7のループ、Am―Fdim―G#dim等をハーモニックマイナー一発で弾きまくるのが、イングウェイやレーサーXのポールギルバート、トニーマカパイン、ヴィニームーア、クリスインぺリテリなどのネオクラシカル系ギタリストです。


ジャコパストリアスを初めとしたジャズギタリストや、ブライアンセッツァー等は、U―X―Tで、速弾きフレーズではなく、もっとメロディアスでビバップ的なハーモニックマイナーを弾いていますので参考にしましょう。