フリジアンスケールの音程と使用方法 | ギター初心者上達委員会

フリジアンスケールの音程と機能

フリジアンスケールは、ダイアトニックスケールの3番目の音から始まるマイナー系のスケールです。


構成音の音程はルートから見て


【半 全 全 全 半 全 全 】の音程になります。


フリジアンスケールは不気味で、少し民族音楽っぽいサウンドが特徴です。


第2音である短2度(m2nd)がルートと半音でぶつかるためアボイドノート(アヴォイドノートです。
同様に第6音である短6度(m6th)が5度と半音でぶつかるため、アボイドノート(アヴォイドノート)となります。


フリジアンスケールの特徴となる音もこの短2度(m2nd)と短6度(m6th)です。


特にこの不気味なサウンドの原因はルートの半音上にある短2度(m2nd)が原因です。


Aフリジアンスケールの音程を五線譜で表すと以下のようになります。




Aフリジアンスケール



                    ― ―●―
                    ●
┌―――――――――――――――♭●―――――――┬┐
              ●
├――――――――――●―――――――――――――┼┤
        ●
├―――♭●―――――――――――――――――――┼┤
  ●
├――――――――――――――――――――――――┼┤

└――――――――――――――――――――――――┴┘


  ラ  シ♭ ド  レ  ミ  ファ♭ ソ  ラ



  R  m9 m3 4  5  m6 m7  R



  └ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┴ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┴ 全 ┘



フリジアンスケールの使い方

フリジアンスケールはダイアトニックスケールのV番目の音から始まるスケールなので、
ダイアトニックコードの三番目のコード、Vm7に対して使用できます。


アボイドノートが多く使いにくいサウンドの為、Ym7(Tm7)コード一発でも使用は出来ますが、お目にかかる事は殆ど無いでしょう。


また、フリジアンはイングウェイマルムスティーンが自分でも使用していると言っていますが、あれは、正確に言うと後述するフリジアンドミナントスケール(正確にはハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロウスケール)のことで、ダイアトニックのフリジアンのことではありません。