エオリアンスケール(ナチュラルマイナースケール)の音程と使用方法 | ギター初心者上達委員会

エオリアンスケール(ナチュラルマイナースケール)の音程と機能

エオリアンスケールは、ダイアトニックスケールの6番目の音から始まるマイナー系のスケールです。


構成音の音程はルートから見て


【全 半 全 全 半 全 全 】の音程になります。


ナチュラルマイナースケールと全く同じ音階ですが、機能や使い方も全く同じです。


エオリアンスケールはマイナー感のある暗いサウンドが特徴です。


第6音である短6度(m6th)が5度と半音でぶつかるため、アボイドノート(アヴォイドノートとなります)


エオリアンスケールの特徴となる音もこの短6度(m6th)ですが、上手く使わないと演歌臭い音になってしまうので、注意が必要です。


Aエオリアンスケールの音程を五線譜で表すと以下のようになります。




Aエオリアン(ナチュラルマイナー)スケール



                    ― ―●―
                    ●
┌――――――――――――――――●―――――――┬┐
              ●
├――――――――――●―――――――――――――┼┤
        ●
├――――●―――――――――――――――――――┼┤
  ●
├――――――――――――――――――――――――┼┤

└――――――――――――――――――――――――┴┘


  ラ  シ  ド  レ  ミ  ファ ソ  ラ



  R  9  m3  4  5  m6 m7  R



  └ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┴ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┴ 全 ┘



エオリアンスケールの使い方

エオリアンスケールはダイアトニックスケールのY番目の音から始まるスケールなので、
ダイアトニックコードの六番目のコード、Ym7(Tm7)に対して使用できます。


それ以外には、マイナーセブンスコードに対するU―X―TのTm7にも使用できます。


エオリアンスケールはもっとも一般的なマイナースケールと言えます。