コンビネーションオブディミニッシュスケールの音程と使用方法 | ギター初心者上達委員会

コンビネーションオブディミニッシュスケールの音程と機能

コンビネーションオブディミニッシュスケールは、ルートから半音・全音という規則的な音程の繰り返しから出来た人工的な構成音のスケールです。


略してコンディミとも呼ばれます。

構成音はルートから見て


【半 全 半 全 半 全 半 全】の音程になります。


これは、ディミニッシュセブンスのコードトーンと半音上のディミニッシュセブンスのコードトーンをあわせたもの

もしくは、ディミニッシュスケールの構成音を半音上げたものとも言えます。


コンビネーションオブディミニッシュスケールも、ディミニッシュスケールと同じように、4種類しか存在しないスケールです。


コンディミの第1音(ルート)・第3音(短3度)・第5音(減5度もしくは短6度)・第7音(短7度)は、どの音をルートにしても、ルートとテンションが変化するだけで、構成音やギターの指板上でのポジションは全く変わりません。


コンビネーションオブディミニッシュスケールのアボイドノート(アヴォイドノート)はありません。
♭9th・#9th・#11thというオルタードテンションを含んだスケールですが、#9はm3ともいえるので、M3がなっている上でのロングトーンは厳しいです。


Cコンビネーションオブディミニッシュスケールの音程を五線譜で表すと以下のようになります。




Cコンビネーションオブディミニッシュスケール




┌―――――――――――――――――――――――――┬┐

├―――――――――――――――――――――――――┼┤
                         ●
├――――――――――――――――――――♭●―――┼┤
                   ●
├―――――――――――――――●―――――――――┼┤
            ♯●
└―――――――――●―――――――――――――――┴┘
   ♭● ♯●
―●― ―  ―


 ド  レ♭ レ♯  ミ  ファ♯ ソ  ラ  シ♭  ド



 R  ♭9 ♯9 M3 #11 5  13 m7  R



 └ 半 ┴ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┘



コンビネーションオブディミニッシュスケールの使い方

コンビネーションオブディミニッシュスケールはドミナントセブンスコードに対して使用できるスケールです。


ドミナントの代理コードである半音上のディミニッシュを鳴らしたときに鳴る♭9th的なサウンドのスケールと思ってもらえば良いでしょう。
X7♭9にはまるスケールです。


また、ドミナントセブンスの代理コードである、半音上のディミニッシュセブンスコードにも使用することが出来ます。(ディミニッシュスケールという呼び方になる)


これは、ドミナントセブンスとディミニッシュの代理関係と同じ考え方から、コンディミとディミニッシュスケールがあると覚えてもらえればよいです。


例えば、CコンビネーションオブディミニッシュスケールとC#ディミニッシュスケールは、ルートの位置やテンションの呼び方が違うだけで、構成音やギター指板上のポジションは同じ