オルタードスケールの音程と使用方法 | ギター初心者上達委員会

オルタードスケールの音程と機能

オルタードスケールは、メロディックマイナースケールの第7音から始まるドミナント系のスケールです。


構成音の音程はルートから見て


【半 全 半 全 全 全 全】の音程になります。


メロディックマイナーモードでは、スーパーロクリアンという名前があるのですが、オルタードスケールと呼ばれるほうが多いです。(実際はスーパーロクリアンはマイナーセブンフラットフィフスに使用した場合、オルタードはドミナントセブンスに使用した場合の名前なので、理論的には違うものです。)


オルタードドミナントスケールといわれる事もあります。


オルタードスケール(オルタードドミナントスケール)には、アボイドノートはありません。


ミクソリディアンスケールの特徴となる音は、短7度(m7th)になります。これが、ブルージーな雰囲気を醸し出す音にです。


オルタードスケール(オルタードドミナントスケール)はドミナントセブンスコードのコードトーンとオルタードテンションだけで構成されているため、アウト感のあるジャズっぽいサウンドが特徴です。


Cオルタードスケール(Cオルタードドミナントスケール)の音程を五線譜で表すと以下のようになります。




Cオルタードスケール(Cオルタードドミナントスケール)



┌――――――――――――――――――――――――┬┐

├――――――――――――――――――――――――┼┤
                       ●
├――――――――――――――――――♭●――――┼┤
                ♭●
├――――――――――――♭●――――――――――┼┤
          ♭●
└――――――♭●――――――――――――――――┴┘
    ♭●
 ―●― ―



  ド  レ♭ レ#  ミ ファ# ラ♭ シ♭  ド



  R  ♭9 ♯9 M3 #11 ♭13 m7 R



  └ 半 ┴ 全 ┴ 半 ┴ 全 ┴ 全 ┴ 全 ┴ 全 ┘



オルタードスケールの使い方

オルタードスケール(オルタードドミナントスケール)は構成音からもわかるように、ドミナントセブンスコードに対して使用出来ます。


U―X(ツーファイブ)のX7で使用出来ます。


一般的には、マイナーコードへ向かうU―X(ツーファイブ)のX7で使用しますが、メジャーコードへのU―X(ツーファイブ)でも使用出来ます。


X7(♭9♭13)に対して弾くと、きれいに響きますが、テンションを含まないX7に使用することも出来ます。


ジャズだけでなく、ロックやポップスでも、ソロのキメフレーズ等で一瞬オルタードテンションを挟むとかっこよくなったりします。


いかに、オルタードテンションからコードトーンへ解決するか(アウトさせて戻るか)が、オルタードスケール(オルタードドミナントスケール)を使用する際のポイントになります。