ウォーキングでリズムを取る | ギター初心者上達委員会

ウォーキングでリズムを取る

ギターを使用しないリズム練習方法をもう一つ紹介します。


それは、メトロノームのクリック音に併せてウォーキングするという方法です。


人間の歩くという行為は、もともとリズム感が在るからこそ出切るものなので、この歩くことでリズムを覚えるのも良い練習になります。


特に、Liveのステージングで、動きながらギターを弾くときにも役にたったので、試して見て下さい。

ウォーキングでのリズム練習法

まずはメトロノームを16分音符の頭拍で鳴らします。


メトロノームのクリック音に併せて、歩きます。


『○』がメトロノームのクリック音

『R』が右足、『L』が左足を出すタイミングです。


まずは、クリックを頭で取って歩きます。


|○     |○     |○     |○     |
|R     |L     |R     |L     |


次は、テンポを倍にしてみましょう。

クリックの速さを半分にするのも有効です。


|○     |○     |○     |○      |
|R  L  |R  L  |R  L  |R  L   |


次は、裏拍を感じながら歩いてみましょう。


|   ○   |   ○   |   ○   |   ○   |
|R     |L     |R     |L     |


次は、裏打ちでもテンポを倍にしてみましょう。


|   ○   |   ○   |   ○   |   ○   |
|R  L  |R  L  |R  L  |R  L   |



どうでしょう。リズムを意識しすぎると、歩き方が硬くなったリぎこちなくなったりしませんか?


クリックを聞きながらでも自然に歩けるようになると、体内のリズム感(あなたのリズムの基準)が正確になっていきますよ。