ドラムのスネアを想定したリズム練習方法 | ギター初心者上達委員会

ドラムのスネアを想定したリズム練習

メトロノームのクリック音を、本来弾くテンポの半分のにして、4分音符の2、4拍に鳴らすことで、ドラムのスネアの位置を想定したリズム練習が出来ます。


この練習法をやっておくと、バンドで併せたときのリズムやグルーブ感が段違いに良くなります。

ドラムのスネアを想定したリズム練習例

メトロノームを小節の2拍と4拍頭で鳴らします。


バンドでドラムと併せる時の、スネアの位置にクリックが鳴るようになります。




        ○            ○
|                           |
|● ● ● ●|● ● ● ●|● ● ● ●|● ● ● ●|
|                           |


上記は1小節を表しています。(4小節ではありません。)

『●』は16分音符を表しています。

『○』はメトロノームのクリックが鳴る位置です。

縦線『|』は一拍を表しています。

練習時に弾くフレーズは、スケールでもカッティングでもかまいません。

Aメジャースケールを利用したリズム練習



|         ・               ・       |         ・

|---------------------------4-5-7-|-5-4-------------
|-----------------------5-7-------|-----7-5---------
|-----------------4-6-7-----------|---------7-6-4---
|-----------4-6-7-----------------|---------------7-
|-----4-5-7-----------------------|-----------------
|-5-6-----------------------------|-----------------


         ・       |

-----------------|
-----------------|
-----------------|
-6-4-------------|
-----7-5-4-------|
-----------6-5-4-|


E7のカッティングによるリズム練習



|         ・               ・       |

|---------------------------------|
|-7---x-x-7-x-x-7---7-x-x-7-x-x-x-|
|-7---x-x-7-x-x-7---7-x-x-7-x-x-x-|
|-6---x-x-6-x-x-6---6-x-x-6-x-x-x-|
|-7---x-x-7-x-x-7---7-x-x-7-x-x-x-|
|---------------------------------|



練習フレーズは、当サイトのギター練習フレーズも参考にして下さい。


ギターの上達に役立つフレーズ例も紹介しています。


リズム練習をする際は、メトロノームを裏拍で鳴らす練習方法と、この2拍と4拍で鳴らす練習方法で弾けるようになっておくと、フレーズに安定感が出て来て非常に効果的です。