変化するリズムに対応する応用練習方法 | ギター初心者上達委員会

変化するリズムに対応する応用練習方法

メトロノームのクリック音を、4分音符の2、4拍に鳴らし、4分音符→8分音符→3連符→16分音符を順番に弾く練習方法です。


このリズム練習を行うと、実際に曲を演奏する際に、リズムパターンが変化してもリズムが乱れなくなります。

変化するリズムに対応する応用練習例

メトロノームを小節の2拍と4拍頭で鳴らします。


以下はAメジャースケールの練習フレーズ例です。



|   ・   ・ |   ・   ・ |   ・   ・ |   ・   ・ |

|---------|---------|---------|---4-5-7-|
|---------|---------|-------5-|-7-------|
|---------|---------|-4-6-7---|---------|
|---------|---4-6-7-|---------|---------|
|-----4-5-|-7-------|---------|---------|
|-5-6-----|---------|---------|---------|


     ・       ・   |     ・       ・   |

-5-4-------------|-----------------|
-----7-5---------|-----------------|
---------7-6-4---|-----------------|
---------------7-|-6-4-------------|
-----------------|-----7-5-4-------|
-----------------|-----------7-5-4-|


       ・           ・     |       ・     |

-------------------------|-- 4-5-7-5-4-|
-----------------------5-|-7-----------|
-----------------4-6-7---|-------------|
-----------4-6-7---------|-------------|
-----4-5-7---------------|-------------|
-5-7---------------------|-------------|


         ・               ・       |

-5-4-----------------------------|
-----7-5-------------------------|
---------7-6-4-------------------|
---------------7-6-4-------------|
---------------------7-5-4-------|
---------------------------7-5-4-|


タブ譜の上にある『・』で、メトロノームのクリック音が鳴るようにリズムをキープします。

音符の長さが変化するので、リズムキープが非常に難しいと思います。

音符が変化しても、安定してリズムキープできるようになるまでひたすら練習してください。


練習フレーズは、当サイトのギター練習フレーズも参考にして下さい。


ギターの上達に役立つフレーズ例も紹介しています。


リズム練習をする際は、メトロノームを裏拍で鳴らす練習方法と、この2拍と4拍で鳴らす練習方法で弾けるようになっておくと、フレーズに安定感が出て来て非常に効果的です。