休符の長さの表し方 | ギター初心者上達委員会

休符の長さの表し方

音符の長さの次は、休符の長さの表し方です。


全休符は、一小節分の音価を持つ休符で、全休符で表します。


二分休符は、全休符の半分、一小節の半分の音価を持つ休符で、二分休符で表します。


四分休符は、二分休符の半分、一小節の4分の1の音価を持つ休符で、四分休符で表します。


八分休符は、四分休符の半分、一小節の8分の1の音価を持つ休符で、八分休符で表します。


十六分休符は、八分音符の半分、一小節の16分の1の音価を持つ休符で、十六分休符で表します。


これ以降は、八分休符を一つずつ積み重ねて行き、数が増えるごとに音価は半分になり、休符の呼び方につく数字は倍に増えて行きます。


休符にも附点(ふてん)を付けることがあり、音価は基本休符の1.5倍になります。


同様に、附点を複数付けた複附点休符もありますが、使われる事は殆どありません。


また複数小節を休む場合は、全休符ではなく全音符のような記号に数字で休む小節数を書き込んで表す場合もあります。