反復記号、繰り返し記号 | ギター初心者上達委員会

反復記号、繰り返し記号

反復記号や繰り返しを表す記号は、楽譜上で全く同じ演奏を繰り返す場合や、ポップスでは同じメロディーやコード進行を繰り返す場合に使用します。


これは、反復部分を繰り返し記譜することを省略し、楽譜をスッキリさせるために使用します。


反復記号は、使用する順番が決まっています。

反復記号、繰り返し記号の種類

一番はじめに使用するのは、 反復開始 反復終了 です。


これは 反復終了 まで演奏し、 反復開始 に戻るという意味です。


次に使用されるのが、 1カッコ と 2かっこ です。


これは、1回目の演奏は 1カッコ 内を演奏し
繰り返し時は 1カッコ を省略し 2かっこ 内を演奏するという意味です。


反復開始 反復終了 と併せて使用される事が多いです。


次に使用されるのは、【D.C.】ダカーポと【D.S.】ダルセーニョです。


【D.C.】はdacapoと書くこともあり、曲の頭に戻るという意味です。


【D.S.】はdalsegnoと書く事もあり セーニョマーク と併せて使用されます。


セーニョマーク はセーニョマークと言い、 D.C.から セーニョマーク に戻るという意味です。


最後は ヴィーデ とtoコーダ です。


これは D.C.かD.S.をした後で、toコーダ から ヴィーデ に移動するという意味です。

その他の記号

反復と少し違いますが、他にも反復記号に分類される記号があります。


それは、【Fine】と【F.O.】です。


Fineはフィーネと読み、終わりという意味です。 フィーネ と書くこともあります。


F.O.はフェードアウトと読み、だんだん小さくしながら終わるという意味です。


CD等で、同じコード進行を繰り返しながら音量が小さくなっていくのがフェードアウトです。