五線譜の音階の読み方 | ギター初心者上達委員会

五線譜の音程の読み方と記譜法について

五線譜の音階の読み方を紹介します。


小学校の音楽の時間にも習いますので、知っている人も多いとは思いますが基本的な部分から紹介しておきます。


音楽の内容を一緒に演奏する人に伝えたりつたえたりする場合、楽譜が読み書きできた方が良いので記譜法を覚えておきましょう。

五線譜の音程の読み方と記譜法

五線譜の読み方と記譜法を簡単に紹介します。


五線譜は、同じ水平線上に書かれた音符を音として表します。この線を下から順番に、第一線、第二線、第三線、第四線、第五線と言います。


また、五線の間を間(かん)と言い、下から、第一間、第二間、第三間、第四間と言います。


五線譜上に書ききれない音程を表すさいは、五線譜の上下に水平線を追加して表し、これを加線と言います。


五線譜の下に加えられた加線を上から順番に下第一線、下第二線と言い、その加線の間は、上から順番に下第一間、下第二間と言います。


逆に、五線譜の上に加えられた加線は、下から順番に上第一線、上第二線と呼び、加線の間を下から順番に上第一間、上第二間というように呼びます。



            加線

       上第二線 ――
               上第二間
       上第一線 ――
               上第一間
第五線 ――――――――――――――――――
                       第四間
第四線 ――――――――――――――――――
                       第三間
第三線 ――――――――――――――――――
                       第二間
第二線 ――――――――――――――――――
                       第一間
第一線 ――――――――――――――――――
               下第一間
       下第一線 ――
               下第二間
       下第二線 ――

            加線


調合により♯(シャープ)や♭(フラット)が指定されている場合は、常にその音程は臨時記号が付いているものとして演奏します。


また音階の位置は、五線譜の最初に示される音部記号により異なります。


バンド演奏に使用される楽器では、主にト音記号とヘ音記号が使用されます。それ以外にハ記号があります。


ト音記号はギターや鍵盤の高音部を記譜する際に使用され、第二線をG(ソ)の音として表します。


ヘ音記号は、ベースや鍵盤の低音部を記譜する際に使用され、第四線をF(ファ)の音として表します。


ハ音記号は、管楽器などに使用されることがあり、第三線をC(ハ)の音として表します。


ギターの音域に使用されるト音記号で、調合に臨時記号が付かない場合(キーがCメジャー、ハ長調、Aマイナー、イ単調)五線譜上の音程は以下のようになります。



――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――
                      ●
―――――――――――――――――――●――――
                ●
―――――――――――――●――――――――――
          ●
―――――――●――――――――――――――――
    ●
―●― ―

 ド  レ  ミ  ファ  ソ  ラ  シ  ド


上記のように、第二線をG(ソ)とし、キーの主となるダイアトニックスケールの構成音が順番に割り当てられます。


タブ譜のバンドスコアでも、五線譜が一緒に記譜されていると思いますので、まずは五線譜を見て直ぐに音程が解るようになるまで楽譜を読み読譜の練習をしてみましょう。