スケールワイズアプローチ | ギター初心者上達委員会

スケールワイズアプローチとは

スケールワイズアプローチ(Scale Wise Apploach)とは、コードトーンに対するアプローチ方法の一つです。


コードトーンやテンションに対して、隣り合った使用スケール音からアプローチするのがスケールワイズアプローチです。

スケールワイズアプローチの方法

スケールワイズアプローチの方法は、解決したいコードトーンに対して使用できるスケール上の隣り合う音からアプローチする方法です。


つまり、クロマチックアプローチやディレイドリゾルブアプローチと違い、コードの度数(Degree Name)によって使用できるスケールが変わってきますので、アプローチノートも変化するという事です。


以下の譜例では、TメジャーであるCM7に対してスケールワイズアプローチを使用した例を紹介します。使用するスケールはTメジャーなのでイオニアン(アイオニアン)スケールです。




1つ下の隣り合ったスケール音からのディレイドリゾルブアプローチ

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――○―――
                      ●
――――――――――――――――――○―――――――――
                ●
――――――――――――○―――――――――――――――
          ●
   ――○―   ―
   ●




1つ上の隣り合ったスケール音からのディレイドリゾルブアプローチ

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
                      ●
――――――――――――――――――――――――○―――
                ●
――――――――――――――――――○―――――――――
          ●
――――――――――――○―――――――――――――――
   ●
   ――○―



●=アプローチノート ○=コードトーン