マイナーセブンスフラットファイブコードのアベイラブルノートスケール | ギター初心者上達委員会

マイナーセブンスフラットファイブコードのアベイラブルノートスケール

マイナーセブンスフラットファイブコードに対するアベイラブルノートスケールは、ロクリアンスケール、もしくはオルタードドリアンスケールを使用します。


これは、マイナーコードに対するUm7♭5かメジャーコードに対するUm7♭5かによって違います。

マイナーセブンスフラットファイブコードに対するアベイラブルノートスケールの音楽理論的解釈

基本的に、マイナーコードに対するU―X(ツーファイブ)にはロクリアンスケールを使用します。


そして、メジャーコードやメジャーセブンス、ドミナントセブンスに対するU―X(ツーファイブ)のUにマイナーセブンフラットファイブコードを使用する場合に、オルタードドリアンスケールを使用します。


ロクリアンとオルタードドリアンのスケール音を比べると、第2音がフラットしているかナチュラルかの違いになりますが、この第2音が解決するT度(仮のT度)のコードを予測させる音になるからです。


この第2音がフラットしていると、解決するトニックコード(Tのコード)はマイナーコードである事が連想されます。


同様に第2音がシャープしていると、メジャー系のコードに解決する事を聴き手に連想させる事になります。


以上の理由からマイナーセブンフラットファイブには、解決するトニックコードによって、ロクリアンとオルタードドリアンを使い分けます。