3種類のマイナースケールとマイナーモード | ギター初心者上達委員会

マイナーモードとは

マイナーモード(Minor Mode)を知るには、まずモードを知っておく必要があります。


モードが解らない方は、まずこちらに目を通して下さい。モードとは


メジャースケール内には、平行調のナチュラルマイナースケールが含まれています。(Cメジャーであれば、Aマイナー)


このマイナースケールを基準として作られるのがマイナーモードです。


マイナーモードを作るマイナースケールには以下の3種類があり、それぞれのスケールにダイアトニックコードが存在します。


メジャーモード(ダイアトニックスケール)から作られるダイアトニックコードでは、基順となる一度をTM7として表しますが、マイナースケールダイアトニックコード(マイナーモード)では、平行調のトニックである六度をTmとして表します。


※TmがTm7と書かなかったのは、モードを作るマイナースケールによって7度の音が異なるためです。
先に説明しても頭が混乱すると思いますので、以下をお読みください。

3種類のマイナースケールとマイナーモード

・ナチュラルマイナースケール(Natural Minor Scale)


自然的短音階と言います。


ダイアトニックスケール(メジャースケール)の6度の音から始まるスケールで、構成されるダイアトニックコードも、メジャースケールと同じです。


ナチュラルマイナーモードでは、メジャースケールのYm7をTm7として表します。


ナチュラルマイナーモードの詳しい説明はこちら


・ハーモニックマイナースケール(Harmonic Minor Scale)


和声的短音階と言います。


ドミナントの機能を強めるため、コードプログレッションに必要なリーディングノート(導音)を持っていないナチュラルマイナースケールの第7音を半音あげる事で、リーディングノート(導音)を持たせた人工的なスケールです。


ハーモニックマイナーモードの詳しい説明はこちら


・メロディックマイナースケール


ハーモニックマイナースケールの第6音とリーディングノートである第7音の増2度という不安定な音程を解消し、スムーズなメロディーを作る為に第6音を半音あげたスケールです。


メロディックマイナーに限っては、音程の上昇時にのみ、メロディックマイナースケールを使用し、下降時には、ナチュラルマイナースケールを使用するとありますが、これは形成される音列が第3音(短3度)以外メジャースケールと全く同じであるため、下降時にメジャー感が強まりマイナー感が無くなってしまう為です。


メロディックマイナーモードの詳しい説明はこちら


これら3種類のマイナースケールを総称して、トニックマイナースケール(Tonic Minor Scale)と呼びます。


これ以外にも、マイナーモードにはドリアンスケールを基準に作られるドリアンモードがありますが、ドリアンモードはチャーチモード(教会旋法)に含まれるためここでの説明は省略します。