調号とキー(Key)の見分け方 | ギター初心者上達委員会

調号とキーの見分け方

調号(key signature)は、楽譜の記譜に使用される、曲の調(キー)を表すために使用される記号の事です。五線譜の最初に置かれ、変化記号(♯や♭)の数で表されます。


曲の調によって、変化記号をどのように置くかが決められているため、調号と呼ばれます。


シャープ(#)は、


F(ファ)→C(ド)→G(ソ)→D(レ)→A(ラ)→E(ミ)→B(シ)


の順に付けられ


フラット(♭)は、


B(シ)→E(ミ)→A(ラ)→D(レ)→G(ソ)→C(ド)→F(ファ)


の順に付けられます。


それぞれのキーと、変化記号の数は以下のようになります。



key of C  変化記号無し


key of G  #1つ


key of D  #2つ


key of A  #3つ


key of E  #4つ


key of B  #5つ


key of F# #6つ


key of C# #7つ


key of F  ♭1つ


key of B♭ ♭2つ


key of E♭ ♭3つ


key of A♭ ♭4つ


key of D♭ ♭5つ


key of G♭ ♭6つ


key of C♭ ♭7つ



これを暗記するのは大変ですよね。ですが、サイクルオブフィフスの図を利用するとすぐにわかりますので、キーと変化記号の数を導く方法を紹介します。

キーと調合の変化記号の見分け方

サイクルオブフィフスの図を利用して、調号の変則記号が付く場所や数と、キーを導く方法を紹介します。


以下のサイクルオブフィフスの図で、変化記号が付いていない部分(F〜B)を見てください。(下図の左)


シャープ(#)が付く場所は、Fからですので、サイクルオブフィフスの図でFから反時計回りに見ていくと、五線譜でシャープの付く場所と数がわかります。


フラット(♭)の場所と数は、逆に、Bから時計回りに見ていくとFで7つとなります。


曲のキー(調)の見分け方は、Cを基準に変化記号の数だけ動いていけば、変化記号の数に対するキーがわかります。(下図の右)


♭が付いている場合は、Cから時計回りに♭の数だけ動いていくと、その曲のキーがわかります。


#が付いていたら、Cから反時計回りに#の数だけ動いていけば、曲のキーがわかります。




           |
変化記号の数と場所  |  曲のキーの見分け方
           |
           |
      ←―#―┐|
          ||┌――#――・――♭――┐
       C  |||     C     |
    G     F|↓  G     F  ↓
           |
  D        | D         B♭
           |
 A         |A           E♭
           |
↑ E        | E         A♭
|          |
└―♭―B      |   B     D♭
           |      G♭
           |
           |



例)


#が付くときは、Fから反時計回りですから、#が3つ付く場合、【F C G】に変化記号(#)を付ければ良いという事になりますね。


そして、#3つの場合の曲のキーは、Cから反時計回りに3つですから、曲のキーは【A】と言うことになります。


♭が付くときは、Bから時計回りですから、♭が2つ付く場合、【B E】に変化記号(♭)を付ければ良いのです。


そして、♭3つの場合の曲のキーは、Cから時計回りに2つですから、曲のキーは【B♭】と言うことです。


こう覚えておけば、楽譜を見るときにも迷いませんよね?


変化記号を付ける場所と数を割り出すには、サイクルオブフィフスの図の中で、変化記号が付いていない部分を利用します。


曲のキーを割り出すには、変化記号が何も付かないキー、つまり【C】を基準に考えます。


♭が付く場合は、どちらも時計回りに動く
#の場合は、反時計回りに動くと覚えておきましょう。


ギターの指板を利用して、曲のキーを見つけ出す方法もあります。上記の右の図をギター指板に応用した方法です。


ギタリストであれば、こちらの方が覚えやすいはずですので、以下に図を載せておきます。


これを覚えておけば、コード譜や五線譜を見ただけで、アドリブを取るのに必要なスケールが解ってしまうので、覚えておくととっても便利ですよ。


変化記号がシャープの場合は、Cから、4度上にシャープの数だけ進行すれば、たどり着いたフレットの音が曲のキーと言う事になります。


変化記号がフラットの場合は、Cから、5度下にフラットの数だけ進行すれば、たどり着いたフレットの音が曲のキーになります。




#の数に対応した曲のキー(Cから#の数だけ4度上)

   ――――――――――――――――――――――
 5   |---|---|C-0|---|D-2|---|E-4|---|F#6|---|
   ――――――――――――――――――――――
 6   |---|---|G-1|---|A-3|---|B-5|---|C#7|---|
   ――――――――――――――――――――――
    0| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10|



♭の数に対応した曲のキー(Cから♭の数だけ5度下)

   ―――――――――――――――――――――――
 5   |---|C♭7|---|D♭5|---|E♭3|---|F-1|---|---|
   ―――――――――――――――――――――――
 6   |---|G♭6|---|A♭4|---|B♭2|---|C-0|---|---|
   ―――――――――――――――――――――――
    0| 1 | 2  | 3 | 4  | 5 | 6  | 7 | 8 | 9 | 10|



上記の図は、ギターの5弦と6弦を表したタブ譜です。


フレット内の右の数字は、変化記号(♯・♭)の数


フレット内の左のアルファベットが、変化記号の数に対応したキーになります。


これを覚えておけば、曲のキーが譜面を見ただけで解ります。