ダブルクロマチックアプローチ | ギター初心者上達委員会

クロマチックアプローチとは

ダブルクロマチックアプローチ(Double Chromatic Apploach)とは、コードトーンに対するアプローチ方法の一つです。


コードトーンやテンションに対して、長2度(M2nd)上や下から、1方向に2つの連続した半音(ダブルクロマチック)でアプローチする事からダブルクロマチックアプローチと言います。

ダブルクロマチックアプローチの方法

ダブルクロマチックアプローチの方法は、鳴っているコードトーンの全音上や下の音を弾き、そこから連続したクロマチックでコードトーンに解決します。


コードCM7に対するダブルクロマチックアプローチを以下に五線譜で示します。





全音下からのダブルクロマチックアプローチ

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――○―――
                    ●#●
――――――――――――――――――○―――――――――
              ●#●
――――――――――――○―――――――――――――――
        ●#●
 ― ――○―   ―
♭● ●




全音上からのダブルクロマチックアプローチ

――――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――♭●―――――――
                      ●
――――――――――――――――――――――――○―――
              ●♭●
―――――――♭●―――――――――○―――――――――
          ●
――――――――――――○―――――――――――――――
 ●♭●
 ― ――○―



●=アプローチノート ○=コードトーン