ドミナントセブンスコードのテンションノートと省略するコードトーン | ギター初心者上達委員会

ドミナントセブンスに使用できるテンション

ドミナントセブンスコードに使用できるテンションは


ナチュラルテンションがナインス、サーティーンス


オルタードテンションがフラットナインス、シャープナインス、シャープイレブンス、フラットサーティーンスです。

ドミナントセブンスのテンションの加え方と省略するコードトーン

9thを加える場合、ルート(Root)を省略(Omit)します。



  C7 → 9thを加え → ルート省略 → C9


―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――●――――――――――●――

―♭●―――――――――♭●―――――――――♭●――

――●――――――――――●――――――――――●――

――●――――――――――●――――――――――●――

 ―●―        ―●―


13thを加える場合、5度(P5th)を省略(Omit)します。



  C7→第一転回→ 13th→M3rd →C7 13

           を加え  省略


               ―●―    ―●―

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
          ●      ●      ●
―♭●―――――♭●―――――♭●―――――♭●―――

――●――――――●――――――●――――――――――

――●――――――●――――――●――――――●―――

 ―●―


♭9thを加える場合、ルート(Root)を省略(Omit)します。



  C7 → ♭9thを加え → ルート省略 →C7♭9


―――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――♭●―――――――――♭●――

―♭●―――――――――♭●―――――――――♭●――

――●――――――――――●――――――――――●――

――●――――――――――●――――――――――●――

 ―●―        ―●―


#9thを加える場合、ルート(Root)と5度(P5th)を省略(Omit)し、♭13thを補足します。



C7→#9th→ルート→♭13th→5th→C7

    を加え  省略   を補足  を省略 #9

                       ♭13


               ―♭●― ―♭●―

――――――――――――――――――――――――――

――――――#●――――――――#●―――#●―――

―♭●―――♭●―――♭●―――♭●―――♭●―――

――●――――●――――●――――●――――――――

――●――――●――――●――――●――――●―――

 ―●―  ―●―


#11thを加える場合、長3度(M3rd)を省略(Omit)します。



  C7→第一転回→#11th→M3rd → C7

           を加え  省略    #11


―――――――――――――――#●―――――#●―――

―――――――――――――――――――――――――――
          ●      ●      ●
―♭●―――――♭●―――――♭●―――――♭●―――

――●――――――●――――――●――――――●―――

――●――――――●――――――●――――――――――

 ―●―


♭13thを加える場合、5度(P5th)とルート(Root)を省略(Omit)し、♭9thを補足します。



C7→第一→♭13th→5th→♭9th→ルート→C7

    転回    を加え  を省略  を補足  省略  ♭9

                          ♭13


        ―♭●――♭●――♭●―  ―♭●―

―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――♭●――――♭●――
       ●   ●   ●   ●
―♭●――♭●――♭●――♭●――♭●――――♭●――

――●―――●―――●――――――――――――――――

――●―――●―――●―――●―――●―――――●――

 ―●―


また、代理コードである裏コードを使用する場合、加えるテンションは、オルタードテンションよりもナチュラルテンションを使用する方が良いです。


例えば、Key=CMajorの場合G7(X7)の裏コードであるD♭9(♭U7+9th)は、G7(♭9♭13)と同じ構成音となる為、ナチュラルテンションだけで十分テンション感を出す事が出来るからです。


また、裏コードにオルタードテンションを使用する場合、上記のように、ルート・5度の省略や♭9th・♭13thの補足などは行わない。


裏コードにオルタードテンションを加え、コードトーンの省略や補足を行うと、X7+ナチュラルテンションと同一の構成音となり、裏コードを使用した意味が無くなってしまう事があるからです。