ディミニッシュセブンスコードのテンションノートと省略するコードトーン | ギター初心者上達委員会

ディミニッシュセブンスに使用できるテンション

ディミニッシュセブンスコードに使用できるテンションは、曲のキーとルート音により変化するため少々特殊です。


ディミニッシュセブンスコードのテンションとなり得るテンションノートには2つの条件があります。


1.まずは、使用するディミニッシュセブンスコードトーンの全音上であること(言い方を変えると、全音上のディミニッシュセブンスコードトーン)


2.そして、曲のキーとなるダイアトニックスケールノート内に含まれる音である事です。


この2つの条件を満たした音が、ディミニッシュセブンスコードのテンションとして使用出来ます。

ディミニッシュセブンスのテンションの加え方と省略するコードトーン

ディミニッシュセブンスに加えられるテンションは、必然的に使用するディミニッシュセブンスコードトーンの全音上となります。


そして、省略(Omit)するコードトーンは、テンションノートの全音下のコードトーンです。


テンションを加える代わりに本来のコードトーンを省略すると覚えておきましょう。


例として、Key=CMajorの場合のT#dimのテンションの加え方を記載しておきます。



Cのダイアトニックスケールは以下の通りです。


―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
                       ●
――――――――――――――――――――●――――――
                 ●
――――――――――――――●――――――――――――
           ●
――――――――●――――――――――――――――――
     ●
 ―●― ―


続いて、C#dimのコードトーンとテンションになり得る音は以下の通りです。



C#dim→ 全音上のD#dimが →D#dim

     C#dimのテンションになり得る


―――――――――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――――――――
                     ●
――♭●――――――――――――――――――――――――
                     ●
―――●――――――――――――――――――――――――
                    #●
―――●――――――――――――――――――――――――
                    #●
 ―#●―


上記のD#dimコードトーンの内、Cダイアトニックスケール内にも含まれる音は、AとCです。


ですから、キーCでのC#dimのテンションは、AとCになります。


Aを加える場合はGを省略(Omit)、Cを加える場合はB♭を省略(Omit)する事になります。



C#dim→ Aを加え → Gを省略 →C#dim

					 add A


――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――

――♭●――――――――♭●――――――――♭●――――
              ●         ●
―――●―――――――――●――――――――――――――

―――●―――――――――●―――――――――●――――

 ―#●―      ―#●―      ―#●―



C#dim→ Cを加え → B♭を省略 →C#dim

					 add C


――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
              ●        ●
――♭●――――――――♭●――――――――――――――

―――●―――――――――●―――――――――●――――

―――●―――――――――●―――――――――●――――

 ―#●―      ―#●―      ―#●―


尚、トップノートCのナチュラル記号は省略されています。