ディミニッシュコードのアベイラブルノートスケール | ギター初心者上達委員会

ディミニッシュコードのアベイラブルノートスケール

ディミニッシュコードには、ディミニッシュスケールを使用するのが基本です。


しかし、それ以外にもロクリアンスケールや、オルタードスケールなどのマイナーコードに進行する際に使用するドミナント系スケールを弾くことも出来ます。

ディミニッシュコードに対するアベイラブルノートスケールの音楽理論的解釈

ディミニッシュコードにディミニッシュスケールが使用できることは言うまでもありません。


それ以外に、何故ドミナント系スケールやロクリアンスケールが使用できるかと言うと、ディミニッシュセブンスコードは、
Um7♭5→X7♭9
というコード進行に置き換える事が出来るからです。


Cdimであれば、E♭m7♭5→A♭7♭9というコード進行に置き換えられる。


そのため、ディミニッシュに対して、ロクリアン→オルタードのようなツーファイブのフレーズを弾き事が出来ます。


また、ディミニッシュコードは、ルートの半音下のドミナントセブンスコードの代理コードという役割も持っています。


そのため、ドミナント系スケールが使用出来ます。


ただし、どちらもツーファイブやドミナントモーションを想定してフレーズを弾いているので、ディミニッシューコードが次に進行するコードを考えながら弾くようにしましょう。