ディレイドリゾルブアプローチ | ギター初心者上達委員会

ディレイドリゾルブアプローチとは

ディレイドリゾルブアプローチ(Delated Resolve Apploach)とは、コードトーンに対するアプローチ方法の一つです。


コードトーンやテンションに対して、短2度(m2nd)又は長2度(M2nd)上や下から、一度コードトーンを飛び越え、反対側の短2度(m2nd)又は長2度(M2nd)からコードトーンに対してアプローチする方法です。


言葉だけだと少々理解し難いと思いますので具体例を挙げさせて頂きますと、CM7コード上でルートのC音に対してディレイドリゾルブアプローチを行う場合


・B→D♭→C(短2度下→短2度上→ルート)
・D♭→B→C(短2度上→短2度下→ルート)
・B♭→D#→C(長2度下→長2度上→ルート)
・D#→B♭→C(長2度上→長2度下→ルート)


というように、一度アプローチノートを弾いてからルートを飛び越え、さらに反対側の音を弾いてルートに解決しています。


また、短2度音程と長2度音程を組み合わせたディレイドリゾルブアプローチも使用出来ます。


・B→D→C(短2度下→長2度上→ルート)
・D→B→C(長2度上→短2度下→ルート)
・B♭→D♭→C(長2度下→短2度上→ルート)
・♭D→B♭→C(短2度上→長2度下→ルート)


このように、短2度と長2度音程の上下の組み合わせが全て使用できるということになります。


ディレイドリゾルブアプローチは、X7等で使用すると非常にきれいに聞こえます。

ディレイドリゾルブアプローチの方法

ディレイドリゾルブアプローチの方法は、鳴っているコードトーンの半音、又は全音上や下の音を弾き、そこから上下反対側にある半音又は全音音程を弾いてからコードトーンに解決します。


コードCM7に対するディレイドリゾルブアプローチを以下に五線譜で示します。





半音下→半音上→コードトーンのディレイドリゾルブアプローチ

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
                      ●
――――――――――――――――――――――――○―――
               ♭●  #●
――――――――――――――――――○―――――――――
          ●  #●
――――――――――――○―――――――――――――――
  ♭●   #●
   ――○― ―
 ●




半音上→半音下→コードトーンのディレイドリゾルブアプローチ

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
                    ●
――――――――――――――――――――――――○―――
             ♭●      #●
――――――――――――――――――○―――――――――
        ●      #●
――――――――――――○―――――――――――――――
♭●       #●
 ― ――○―   ―
   ●




全音下→全音上→コードトーンのディレイドリゾルブアプローチ

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
                     #●
――――――――――――――――――――――――○―――
                ●   ●
――――――――――――――――――○―――――――――
         #●  ♭●
――――――――――――○―――――――――――――――
   ●    ●
 ― ――○― ―
♭●




全音上→全音下→コードトーンのディレイドリゾルブアプローチ

――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――
                   #●
――――――――――――――――――――――――○―――
              ●       ●
――――――――――――――――――○―――――――――
       #●       ●
――――――――――――○―――――――――――――――
●         ●
―  ――○―
  ♭●


●=アプローチノート ○=コードトーン