コードモーション(chord motion)とサイクルオブフィフス(cycle of 5th) | ギター初心者上達委員会

コードモーション(Chord Motion)とは

あるコードが、次のコードに進行する時に、進行するコードを限定する事、もしくは、次のコードを期待させる事をコードモーションと言います。


コードモーションには5度進行・4度進行やコード機能(トニック・ドミナント・サブドミナント)別のコードモーション等に分けられます。


音楽的に最もスムーズなコード進行は、完全5度下、もしくは、完全4度上のコードに進行する場合です。

サイクルオブフィフス(Cycle of 5th)とは

ある特定のコードから、5度進行を12回繰り返すと元のコードに戻ります。このことから、5度進行を1つのサイクルとみなす事ができます。


これをサイクルオブフィフス(Cycle of 5th)と言います。


サイクルオブフィフスを図で表すと以下のようになります



         ――→

          C
       G     F

     D         B♭
  ↑                |
  | A           E♭ |
  |                ↓
     E         A♭

       B     D♭
          G♭

         ←――


サイクルオブフィフスを図の矢印と逆に回ると、(時計回りではなく、反時計回りに見ていくと)全てが4度進行になっている事から、これを、サイクルオブフォース(cycle of 4th)と呼ぶ事もあります。