アプローチノート | ギター初心者上達委員会

アプローチノートとは

アプローチノート(Approach Note)とは、コードトーンやテンションに対して全音(M2nd)、又は半音(m2nd)の音程でアプローチ(進行)する音の事を指します。


コードトーンに対しては、スケールだけでなく、半音上からのクロマチックでのアプローチなど様々なアプローチ方法があります。


また、一音半(m3rd)以上の音程で次の音に跳躍する場合は、アプローチノートとは言わずリープ(Leap)と言います。

アプローチの方法

アプローチの方法を簡単に解説します。詳しい説明に関しては別でページを設けていますのでそちらを参照してください。


・クロマチックアプローチ(Chromatic Approach)


コードトーンの半音上、もしくは半音下からアプローチする方法


クロマチックアプローチの方法解説


・ダブルクロマチックアプローチ(Duble Chromatic Approach)


コードトーンの全音上、もしくは全音下から、連続した半音階でアプローチする方法


ダブルクロマチックアプローチの方法解説


・ディレイドリゾルブアプローチ(Delayed Resolve Approach)


コードトーンに対して、全音又は半音で2方向からアプローチする方法


ディレイドリゾルブアプローチの方法解説


・スケールワイズアプローチ(Scale Wise Approach)


コードトーンに隣り合った使用スケール上の音からアプローチする方法


スケールワイズアプローチの方法解説