読譜・五線譜を見ながら歌ってみよう | ギター初心者上達委員会

五線譜を見ながら歌ってみよう

五線譜を見ながら、初見である程度演奏できるようになったら、音符を見て歌う練習をしてみましょう。

これは、音程を声に出して読むのではなく、音程を取って楽譜通りに歌うという意味です。


勿論最初は音程が取れないでしょうから、楽器で演奏して確認しながら練習しましょう。


これが出来るようになると、初めて譜面で見たフレーズや曲のメロディーを、聴かなくても解るようになります。


ギターなどの楽器を使わないので、譜面を初見で演奏する練習とは少し違う気がするかもしれませんが、頭に鳴った音の音程が解るようになりますので、初見のコード進行でアドリブを取る際にも非常に役立ちます。


ただ、譜面の音程を楽器を使わないで歌う技術は、プロの音楽家でも出来ない人もいる位の難しい技術なので、出来ないからといって落ち込まずに、地道に練習していきましょう。


ある程度、五線譜の音程とメロディーが一致するようになったら、歌ボン等を見ながら、自分の知らない曲を五線譜を見て歌って見ましょう。


ここまで出来るようになったら、楽譜を見るのも相当楽しいと思います。