調合と反復記号・繰り返し記号は初見演奏前に暗記 | ギター初心者上達委員会

調合と反復記号・繰り返し記号を暗記

初見演奏・読譜の際は、調合と繰り返し記号や反復記号を必ず確認して暗記しましょう。


当たり前のことだと思っている方も多いと思いますが、譜面に慣れていない初心者は忘れている事が多いです。


具体的には、調合でキーを確認し、D.C(ダカーポ)、D.S(ダルセーニョ)の位置やリピート(繰り返し)の位置を確認しておきましょう。


これらの記号は、譜面の場所が移動するので、確認しておかないと演奏中にパニックに陥ることにもなりかねませんし、演奏している場所を見失ったら後は感で弾くしかありません。


初見と言っても、譜面を確認する時間くらいはありますので、演奏前に必ず記号の位置は把握するように癖付けしておきましょう。


この譜面の確認作業は、演奏前の10分以内に行うことを目標に練習してください。


プロが本番前に譜面を見る時間もこれ位だと思います。