楽譜・譜面の初見演奏の弾き方と練習方法 | ギター初心者上達委員会

譜面の読み方と初見演奏について

ギタリストは一般的に譜面に弱いと言われています。


和音やスケールのフィンガリングがルートや曲のキーによって変化する鍵盤楽器等と比べても、同じフィンガリングフォームでフレットをずらすだけでコードやスケールが弾けてしまうギターは、玉の譜面を読む必要が少ないからです。


また、今ではタブ譜などが多く、黒い玉の音符を見てギターを演奏し始める人はまず無いでしょう。これもギタリストが譜面に弱い原因です。


タブ譜が一般的になる前のギタリストも、耳でコピーする人が殆どだったため、楽譜の読めないロックミュージシャンも多いそうです。


ですが、将来的にスタジオミュージシャンなどを目指している人は、玉の音符が読めないと話になりませんので、初見での演奏や読譜の練習方法を紹介します。


玉の音符が読めて得する事はあっても、損をする事は一つもありませんので、この機会に読譜にも挑戦してみてください。

初見演奏と読譜の練習方法メニュー