指の独立運指練習 | ギター初心者上達委員会

指の独立とは

ギターを弾く際に使用する4本の指は、本来どれか1本を動かすと、他の指もつられて動いてしまいます。


特にこの状態は、薬指や小指を動かす際に顕著に現れますが、ギターの達人になると、全ての指が完全にバラバラに動き、他の指がつられて動く事が殆どありません。


これが、完全に指が独立している状態です。


指が独立する事で、運指に無駄が無くなり、フィンガリングが安定する事でミスも少なくなります。


ギター初心者の方は、まだ指が独立していない事が多いですので、指がバラバラに動かせるように練習しましょう。

指を独立させるための運指練習

各指を独立させる運指練習方法には、クロマチックパターンを全て練習するなども効果的ですが、ここでは完全に指の独立に焦点を絞った練習方法を紹介します。


以下のフレーズは、4本の指を常にフレットから離さないように指を1本ずつ動かして弾きます。


|---------------------2-4-----------------------------|
|-----------------1-3-----------------------------1-3-|
|-------------2-4---------2-4-----------------2-4-----|
|---------1-3-----------------1-3---------1-3---------|
|-----2-4-------------------------2-4-----------------|
|-1-3---------------------------------1-3-------------|


つまり、3弦1フレットを弾く際は、薬指は6弦3フレット、中指は5弦2フレット、小指は5弦4フレットを押さえたままの状態です。


このように、動かす指以外はその前に弾いたフレットを押さえた状態をキープしましょう。


クロマチックの24の運指パターンで応用できますので、苦手なフィンガリングがあれば練習してみてください。