リバーブの使い方 | ギター初心者上達委員会

リバーブとは

リバーブ(Reverb)は、ギターから出された音に残響を与えるエフェクターです。


一番分かりやすいのは、お風呂で歌ったときのエコーの様な気持ち良い残響音です。あれを真似したのがリバーブです。


ギターも歌と同じように、リバーブを掛けると気持ちよく(上手く?)聞えます。


ディレイに比べると音やせする事が多いですし、深く掛けるほどパワー感や前に出てくる感じは失われますが、ディレイよりも使い勝手は良く、演奏のあらゆる場合でリバーブを薄く掛けておけば何も掛けないより上手く聞えるという便利なエフェクターです。


アンプ自体にリバーブ効果が付いているものも多いですが、エフェクターもアンプ内臓のものも効果は基本的に同じです。

リバーブのつまみ

リバーブのつまみには、残響音の長さとリバーブの深さを決めるつまみがあります。


・残響音の長さを設定するつまみ


タイム(Time)と等と呼ばれる事が多いです。


リバーブの残響音の長さを設定出来ます。数字を上げるほど長くエコーが掛かります。


・リバーブの深さを設定するつまみ


ミックス(Mix)等と掛かれているつまみがこれです。


リバーブの深さ(掛かり具合)を決めるつまみです。


原音に対して、どれ位リバーブを掛けるか?と言う意味でミックス・・・だと思います。


アンプのようにつまみが一つのものは、リバーブの深さは固定で残響の長さを設定するものが多く、長くするほど深く掛かるものもあります。

リバーブの使い方

リバーブは、ソロ、バッキング、音色問わずあらゆる状況で使用出来るエフェクターです。


基本的には、クリーントーンによる演奏(特にストロークやアルペジオ)、ギターソロ等に掛ける事が多いでしょう。


リバーブは、あまり掛けすぎると音が引っ込むうえにクドイので、さり気なく掛けるのが基本です。


ギターだけで弾いているとリバーブが掛かっているのが分かるけど、バンド演奏の中では目立たない位がベストです。


あくまでもリバーブは残響音なので、あからさまに掛かっていると格好悪くなることが多いのは覚えておきましょう。

リバーブの種類

・ルームリバーブ


スタジオやライブハウスなど、小さな部屋の残響を再現したリバーブです。


残響音は短めでどんな場面でかましても使いやすいリバーブです。


・ホールリバーブ


コンサートホールなどの音響を再現したリバーブで、残響音は長めです。


揺らいだエコーのようなイメージならこちらを使いましょう。


・プレートリバーブ


金属板の振動をイメージしたリバーブです。


うえの二つに比べると、カラッとして明るい残響音で、ボーカルレコーディングで掛ける事もあります。


アタック感も強いので、歪んだロックトーンにも向いているかもしれません。