ピッチシフターの使い方 | ギター初心者上達委員会

ピッチシフターとは

ピッチシフター(Pitch Shifter)は、ギターの音程を変える事が出来るエフェクターです。


これによって、一人でツインギターのハモリを演奏したり、コードのピッチを変化させたりすることが出来ます。


単純に音程を変化させるものから、スケールや曲のキーを設定することで、自動的に任意のハモリを重ねられるものもあります。

ピッチシフターのつまみ

ピッチシフターのつまみは、音程変化を設定するつまみとミックスバランスを調整するつまみがあります。


・音程変化を調節するつまみ。


ピッチ(Pitch)と呼ぶ事が多いです。


音程変化を半音単位で設定することが出来るものが多いです。


・ミックスバランスを調整するつまみ。


バランス(Balance)レベル(Level)と呼ばれる事が多いつまみです。


ハモリの場合の原音とピッチシフトした音のバランスを設定できます。

ピッチシフターの使い方

ピッチシフターは、基本的にギターの単音弾きに使用しハモリを重ねる事で音に厚みを出すエフェクターです。


また、ライブなどギター1本でレコーディング時のハモリを再現する場合などにも有効です。


ハモリを5度や3度の音程にすると、大抵の曲で違和感無くハモリます。


ダイアトニック外のコードやキーが変わる(ジャズ的な)コード進行だとハモリが変わってくるため上手く行きません。