オクターバーの使い方 | ギター初心者上達委員会

オクターバーとは

オクターバー(Octaver)は、ギターの弦の振動から、原音の1オクターブまたは2オクターブ上下 の周波数の波形を原音に重ねるエフェクターです。


ピッチシフターと効果が似ている部分もありますが、音程の変化ではなく、弦の振動から倍音のようなものを作り重ねるため、重なる音はハモリではなく全てオクターブです。


また、オクターバーはコード(和音)には使用できませんし、ミスピッキングやミュートのミスなどで余計な弦が振動していると上手く掛からない事もあります。

オクターバーのつまみ

オクターバーには、原音の音量とオクターバーの音量を調整するつまみがあります。


・原音の音量を調節するつまみ


ドライ(Dry)ダイレクト(Direct)等と呼ばれるつまみです。


原音(オクターブの変化していない音)の音量を決めるつまみです。


・オクターバーの音量を調整するつまみ


オクターブ(Octave・Oct)等と書かれているつまみです。


オクターブアップダウンしたエフェクト音の重ね具合を決めるつまみです。

オクターバーの使い方

オクターバーは、単音弾きのフレーズに音の厚みや重厚感を出すために使用します。


歌のバックで弾くような単音のギタープレイが、音圧的に物足り無かったら使ってみると良いかもしれません。


基本的には、オクターブ変化した音の音量を0にした(原音のみの)状態で、ON・OFF時の音量を同じにし、オクターバーの効果を好みで設定していけば良いです。