リミッターの使い方 | ギター初心者上達委員会

リミッターとは

リミッター(Limiter)はコンプレッサーと同じようにギターの音量を圧縮するエフェクターです。


動作する回路も基本的には同じなので、コンプレッサーの効果をより強くしたものがリミッターと言って間違いはありません。


コンプレッサーが滑らかな圧縮効果であれば、リミッターは急激な圧縮を行うエフェクターです。


特にギター用のエフェクターに限って言えば、コンプレッサーがアタック感を強調するのに対し、リミッターはアタック感を残さないのが特徴です。


同じエフェクターが設定の仕方でコンプレッサー、リミッターと呼び方を変えると言っても良いと思います。


強く極端に掛かるのがリミッター、どちらかと言うと滑らかで自然に掛かるのがコンプレッサーです。

リミッターのつまみ

リミッターもコンプレッサーと同じで、圧縮される音量のピーク、音の圧縮が始まるまでの時間、音が圧縮されている時間、圧縮された後の音量を上げるつまみがります。


・圧縮される音量をきめるつまみ


スレッショルド(Threshold)等と呼ばれます。


どの程度の音量を超えると音量を圧縮するかを決めるつまみです。


コンプと同様ですがリミッターとして使用する場合は強めに上げます。


・音の圧縮が始まるまでの時間を決めるつまみ


アタック(Attack)などとよばれるつまみです。


これも、短くしたほうがリミッターらしい音の圧縮感が得られます。


・音が圧縮されている時間を決めるつまみ


リリース(Release)と呼ばれるようなつまみです。


音が圧縮され始めてから、圧縮されていない状態に戻るまでの時間を調整するつまみです。


・圧縮された音の音量を調整するつまみ


ゲイン(Gain)やレベル(Level)と呼ばれるつまみです。


圧縮後の音の音量を調整するつまみです。


このつまみで、圧縮されて小さくなった音量を曲や演奏のバランスに合わせて調整します。

リミッターの使い方

コンプレッサーがカティングなどにかけアタック感を強調し音の粒をそろえるのに対し、リミッターはアタック感が出ないので単純に音を潰す場合に使用することが多いです。


レコーディングのマスタリングなどでは、重宝されるエフェクターなのですが、ギタリストは音を圧縮する場合コンプを使用する事が多いのであまりなじみのあるエフェクターではないかもしれません。


基本的には、コンプレッサーと同じエフェクターと考え自分のイメージする音に近いものを選択するのが良いと思います。


カッティングなどでも、アタック感よりもチャリっとした音質を重視し前には出てこないような音をイメージするのであればリミッターの方が近いかもしれません。