ブースターの使い方 | ギター初心者上達委員会

ブースターとは

ブースター(Booster)は、ギターからアンプに送られる電気信号を増幅するエフェクターです。


純粋に音量を上げたり、特定の音域を強調する事でバンドの中でも音が埋もれずに前に出てくるような効果があります。


高音域や中音域などギターにとって重要な音域をブーストするエフェクターを、特にトレブルブースター、ミッドブースターなどと呼んだりします。


ブースターの効果は、オーバードライブやグラフィックイコライザー等でも代用出来ますが、単純にブースターと呼ばれるエフェクターは、歪などをエフェクターのつまみで調節する事は出来ませんし、グライコのように特定の帯域を削ったりする事も出来ません。


では、何が優れているかと言うと、ギター本来の美味しい音域をブーストする事が出来る点です。


ギターを弾く際に重要な中高域を強調する事で、バンドの中で音が埋もれなくなったり、アタック感やエッジが強調されたりします。


また、電気信号をブーストする事で自然と歪み成分も上がるため、歪みがブーストされるものも多いです。


最近では、クリーントーンのままエフェクターへの入力信号だけを上げるクリーンブースターと呼ばれるブースターもあります。


むしろ、エフェクターでブースターと言ったらこのクリーンブースターを指す事が多いかもしれません。

ブースターのつまみ

ブースターのつまみは、ミドル・トレブルなど、音域を上げるつまみが一つ付いているだけのものや、マスターボリュームとブーストつまみが付いているものなどがあります。


つまみが一つのものは、基本的に音域をブーストする量を決めるだけなのでそこまで音量は上がらないと思います。


中高域を上げる事で、音ヌケが良くなり聴感的にブーストされたように聞えます。これは他の楽器と一緒に(特にツインギターなどで)演奏すると効果がよく分かります。


つまみが二つ以上付いているものは、音域をブーストする事で歪みの量が上がることも多いです。


音量の調節とブーストする音域の調節が分かれているので細かいセッティングも可能です。

ブースターの使い方

ブースターは、基本的にギターソロなどのギター演奏を目立たせたい部分で使用します。


また、電気信号を増幅することで音を良くするバッファー機能を備えているブースターもあり、常にONの状態でエフェクターによる音やせを解消する為に使う方もいます。


基本的には同じ音量でも、ブーストされることで音質が変わるのでボリュームは殆ど変わらないか、気持ち上がる位で良いと思います。