コードのトップノートの耳コピー | ギター初心者上達委員会

コードはトップノートから耳コピーしましょう

単音がある程度耳コピーできるようになったら、次はコード進行の耳コピーにチャレンジしてみましょう。


単音弾きと比べると、コード(和音)の耳コピーは難しいですが、コツをつかめば少しずつ解るようになってきます。


まずは、コードの最高音、トップノートの音から見つけていきましょう。


トップノートの耳コピーのコツ

コード・和音の中で最も高い音をトップノートといいます。


トップノートはギターで弾いた場合、一番最後に弾かれるか、一番最初に弾かれる音でもあります。


ダウンピッキングであれば一番高い音の弦を最後に弾きますね。アップピッキングであれば最初に弾く音が一番高い音です。これが、トップノートです。


また、人間の耳は自然と高い音に意識が行きやすいので、まずはトップノートを耳コピーするのがコードを耳コピーするための近道です。


コードは単音(リフやギターソロ)よりも耳コピーするのが難しいですが、聞こえる音を一つずつ拾っていく練習をしましょう。


一つの音が拾えれば、だんだん他の音も聞こえるようになってきます。これは、耳を訓練して練習していくしかありません。


単音引きと同じようにコードが鳴り終わった残響音から、もっとも耳に付く音をコピーしてみましょう。