歌った音程をギターで弾いて確認 | ギター初心者上達委員会

歌った音程をギターで弾いて確認してみましょう

次は、基準音を確認したら、次に弾く音を先に声に出して歌ってみましょう。


口に出して音程をキープしながら確認する意味でギターでも音を出してみましょう。


最初は音程が上手く歌えないかもしれませんが、口で上手く歌えない人は頭の中で次に鳴らす音の響きをイメージしてみてください。


ここまで出来るようになれば、ある程度の音程は解るようになって来ますので耳コピーにも挑戦してみて下さい。

歌った音程を弾いて確認する練習方法

まずは、基準音を弾いて口に出して確認します。


次に弾く音程を、弾く前に歌って口で鳴らしてみます。音程が上手く歌えない場合は頭の中で響きをイメージします。


実際に弾いたギターの音と歌った音がずれていたら、再度基準音を鳴らすところからやり直し修正します。


次に弾く音が歌えると言う事は、音程の幅が耳では解っているという事なので、これを繰り返していくと、音程がさらに解るようになります。