ギターで弾いた音程を歌って覚える | ギター初心者上達委員会

ギターを弾きながら音程を歌って覚えましょう。

音感を付ける大一歩として、まずは音程を口で歌えるようになりましょう。


口で歌えると言う事は、音程の幅を理解しているということになりますので音感も確実に良くなります。


音痴な人もいると思いますが、音痴は直せますのであまり気にせずに、鳴っている音の音程をを覚えるという意味で口に出して見ましょう。

音程を覚える練習方法

まずは、メジャースケールでもコードトーンのアルペジオでも何でも良いので、音程の解りやすいフレーズを弾いていきます。


ギターで音を出したら、弾いた音を今度は口で歌います。


音が上手く取れなければ、ギターで音を弾きながら鳴っている音に口で出している音程を歌います。


例えば、メジャースケールを弾いているのであれば、ドレミファソラシドという風に口で歌います。


CM7のアルペジオならドミソシという具合ですね。


ルートをドとした移動ドで覚えていけば、音程が解るようになり耳は良くなっていきますが、実際の音程で歌う固定ドと両方で練習するとさらに効果的だと思います。


慣れてくれば、実際になっている音と、ルートを基準とした音程の両方が解るようになってきます。


慣れないうちは、まず移動ドで練習しておくと、キーが変わってもある程度音程が解る様になりますし、固定ドよりも早く音が判別できるようになります。