6連ブラッシングを入れたカッティングの練習 | ギター初心者上達委員会

6連ブラッシングを入れたカッティングとは

6連ブラッシングを入れたカッティングとは、16分音符のカッティングの中に6連のリズムのブラッシングミュートを入れてリズムに変化を持たせる事です。


入れる音は、大体6連符のスピードで3音(6連の半分)です。


日本人では、CharやB´zの松本孝弘が良くやりますね。

6連ブラッシングを入れたカッティング練習フレーズ

6連ブラッシングを入れたカッティングの練習フレーズです。



見づらくて申し訳ありません。都合上空白は音を伸ばす部分を表しています。

┌ 3 ┐の所が6連符のブラッシングミュートです。


裏拍に6ブラッシングミュートを入れたカッティングパターン

           ┌ 3 ┐
|-----------------------------------|
|-7-x-x-7-x-x-x-7-x-7-x-x-x-7- - - -|
|-7-x-x-7-x-x-x-7-x-7-x-x-x-7- - - -|
|-7-x-x-7-x-x-x-7-x-7-x-x-x-7- - - -|
|-----------------------------------|
|-----------------------------------|


表拍に6ブラッシングミュートを入れたカッティングパターン

 ┌ 3 ┐
|-----------------------------------|
|-x-x-x-7- -x-x-x-7-x-7-x-x-7- -x-x-|
|-x-x-x-7- -x-x-x-7-x-7-x-x-7- -x-x-|
|-x-x-x-7- -x-x-x-7-x-7-x-x-7- -x-x-|
|-----------------------------------|
|-----------------------------------|


3連のブラッシングミュートはダウン→アップ→ダウンピッキングで弾きます。


手首の使い方は通常のカッティングと同じでスピードだけを変化させます。


リズムが変化すると安定させるのが難しいので、メトロノームを使ってリズムをキープできるように練習しましょう。