トニック・ドミナント・サブドミナントのコードの機能 | ギター初心者上達委員会

トニック・ドミナント・サブドミナントの機能

コードの機能は、大きく分けて


トニック(Tonic)主音
ドミナント(Dominant)属音
サブドミナント(Subdominant)下属音


の三つに分けられます。


トニックコード(Tonic Chord)は


楽曲の主となるコードで、全てのコードに進行する事が出来ます。


ドミナントコード(Dominant Chord)は


トニックコードへ進行したがる性質を持っています。


サブドミナント(Subdominant)は


ドミナントやトニックに進行したがるという性質を持っています。

ダイアトニックコードの機能

ダイアトニックスケールコードも、全てこの
トニック・ドミナント・サブドミナントの機能に分けられます。


トニックとしての機能があるコードは


T△7 Vm7 Ym7


キーがCであれば


C△7 Em7 Am7


ドミナントとしての機能があるコードは


X7 Zm7♭5


キーがCであれば


G7 Bm7♭5


サブドミナントとしての機能があるコードは


Um7 W△7


キーがCであれば


Dm7 F△7


となります。


同じ機能を持ったコード同士であれば、代理コードとして使用する事ができます。


Vm7は、キーがCの場合Em7となり、構成音は【ミ ソ シ レ】となり、X6キーがCの場合のG6と同じ構成音になります。
また、C△9のルートを省略したコードと捕らえる事も出来ます。


これを見ると、ドミナントとトニックの機能がありそうですね。


教則本でも、Vm7には、トニックとドミナントの代理コードとして使えるというように書かれているものもあります。


Vm7は、基本的に、トニックコード代理として使用されます。
ドミナントとして使えない理由は、キーがT度メジャーに対し、X7がドミナントだからです。
また、Vm7は三全音・トライトーン(Tritone)を¥も持っていないからです。


ですが、G6と同じ構成音を持っている事から、G6やGメジャーコードの代わりに使用することは出来ます。


例)


| C△7   G   | F△7   G   |


というコード進行を


| C△7   G   | F△7   Em7 |


に変更することが出来ますね。


また、Vm7は和声学では代理としても使用されません。


これは、導音(ドミナントとしての3度、G7の3度であるミ=E、つまりEm7であればルート音)の解決先が無いため、終止感が無いのです。


ロックやポップスでも、曲の終止として、Vm7で終わると言う事はまずありません。


曲の流れの中で、T△7やYm7の変わりにVm7を使用するのが一般的ではないでしょうか。


また、Zm7♭5コードにドミナントとしての機能があるのは
キーがCであれば、Bm7♭5は、G9のルートを省略した形と解釈できるためです。


ですが、基本的には楽譜上でもX9のルートを省略した形として記譜されるので、Zm7♭5がV7の代理として登場する事は殆どありません。


Zm7♭5が使用されるのは、V7を経過して、Ym7に解決するマイナーコードのU―X(トゥーファイブ)進行の時でしょう。