テンションコードとテンションノート | ギター初心者上達委員会

テンションとは

テンション(Tension)とは、緊張を表す言葉で、コードトーンに対して3度音程の積み重ねにより存在する、長7度以上の音程を持つコードトーンの事を指します。


メジャーセブンス(major 7th)、ナインス(9th)、イレブンス(11th)、サーティーンス(13th)のことをナチュラルテンション(Natural Tension)といい


フラットナインス(♭9th)、シャープナインス(#9th)、シャープイレブンス(#11th)、フラットサーティーンス(♭13th)をオルタードテンション(Alterd Tension)と言います。


一般的に上記を総称してテンションと言い、マイナーセブンス(ドミナントセブンス)やシックス(6th)は、テンションに含まない場合が多いです。


これらテンションとなる音の事を指して、テンションノートと呼ぶ場合があります。


また、テンションを含んだコード(和音)の事を、テンションコードと呼びます。

コード機能別テンション一覧

コードの機能(度数)別に使用できるテンションの一覧は以下の通りです。


Tに使用できるテンションノート


9th、Major7th


Um7に使用できるテンションノート


9th、11th


WM7に使用できるテンションノート


major7th、9th、#11th


X7に対して使用できるテンションノート


9th、♭9th、#9th、13th、♭13th、♭5th=#11th


Ym7に対して使用できるテンションノート


9th、11th


X7ofUに対して使用できるテンションノート


9th、♭9th、#9th、♭13th、♭5th=#11th


X7ofX(ダブルドミナント)に対して使用できるテンションノート


9th、♭9th、#9th、♭5th=#11th、13th、♭13th


サブドミナント、ドミナントセブンスコードの代理コード、裏コード


9th、#9th、13th、♭5th=#11th


♭Z7に対して使用できるテンションノート


9th、#11th、13th


m7♭5に対して使用できるテンションノート


11th、♭13th


W7に対して使用できるテンションノート


9th、#9th、#11th=♭5th、13th

テンションの加え方と省略音

コードは、4和音を基本として演奏されます。


これは、テンションを加える事によって音がぶつかってサウンドが濁ったり、きれいに響かない事を防ぐためです。


場合によっては、3和音や5和音の場合もありますが、基本は4和音だと思ってください。


テンションノートを鳴らす際は、コードトーンで重要度の低い音を省略します。この省略することをオミット(omit)と言います。
この際に基本の4和音で最も重要な音は、3度、続いて7度です。5度、1度が比較的重要度の低いコードなので、このどちらかを省略する事になります。


各コードのテンションの加え方と省略するコードトーンを別ページにて記載します。


メジャーシックスコードのテンションノートと省略するコードトーン


マイナーシックスコードのテンションノートと省略するコードトーン


マイナーセブンスコードのテンションノートと省略するコードトーン


オーグメントセブンスコードのテンションノートと省略するコードトーン


マイナーセブンスフラットファイブコードのテンションノートと省略するコードトーン


ドミナントセブンスコードのテンションノートと省略するコードトーン


ディミニッシュセブンスコードのテンションノートと省略するコードトーン


以上ですが、リンク先ページでの説明はあくまで基本であり、コードトーンを省略しない場合もあります。