メジャーセブンスコードの機能と押さえ方 | ギター初心者上達委員会

メジャーセブンスコードの機能

メジャーセブンスコード(メジャーセヴンスコード)は明るい響きが特徴です。


トライアド(3和音)で弾くとカラッとした明るさ、メジャーセブンスを含んだ4和音で弾くと、少し大人っぽい感じになります。


トライアド(3和音)で弾く場合は、X度(ドミナントセブンスコード)と全く同じ和音構成ですが
メジャーセブンスはT度(トニックコード)やW度(サブドミナント)としての機能があります。


※複雑な説明を避けるため、代理コードとしての機能はここでは記載しません。


メジャーセブンスコードの構成音は、


【R(ルート) 長3度(M3rd) 5度(P5th) 長7度(M7th)】


ルートがC(C△7)の場合の構成音は


【ド ミ ソ シ】


となります。


CM7の構成音を五線譜で表すと以下のようになります。


     ┌――――┬┐
     ├――――┼┤
シ(M7)├――●―┼┤
ソ(5) ├――●―┼┤
ミ(M3)└――●―┴┘
ド(R)   ―●―


C7との違いは、7度の音が、短7度→長7度に半音シャープしていることです。


ちなみに、C6(シーシックス)コードもありますが、これもメジャーセブンスが6th(13th)=ラに変わるだけで、使用出来る場所や機能に基本的な違いはありません。


押さえ方と、指板上の音を覚えてしまえばルートのポジションを移動するだけで弾けますので、
各ルートでの構成音や音楽理論的な語句の解説は省略します。


上記の説明で意味が解らない方は、


・指板上の音程の場所を覚えよう。

・音程の呼び方

・ギタリストが音楽理論に弱い訳


の内容をご覧下さい。

※それぞれ別ウィンドウで開きます。

メジャーセブンスコードの押さえ方

メジャーセブンスコードの代表的な押さえ方です。


6弦ルートのメジャーセブンスコード



  |---|---|---|---|
中|---|-5-|---|---|
小|---|---|M3-|---|
薬|---|---|M7-|---|
  |---|---|---|---|
人|---|-R-|---|---|


5弦ルートのメジャーセブンスコード



人|---|-5-|---|---| 人|M3-|---|---|---|
小|---|---|---|M3-| 人|M7-|---|---|---|
中|---|---|M7-|---| 人|-5-|---|---|---|
薬|---|---|---|-5-| 薬|---|---|M3-|---|
人|---|-R-|---|---| 小|---|---|---|-R-|
 |---|---|---|---|  |---|---|---|---|


4弦ルートのメジャーセブンスコード



薬|---|---|---|M3-| 人|M7-|---|---|---|
薬|---|---|---|M7-| 中|---|-5-|---|---|
薬|---|---|---|-5-| 薬|---|---|M3-|---|
人|---|-R-|---|---| 小|---|---|---|-R-|
 |---|---|---|---|  |---|---|---|---|
 |---|---|---|---|  |---|---|---|---|


タブ譜上の表記は
R=ルート M3=メジャーサード 5=5度 M7=メジャーセブンス


タブ譜の左の文字は運指


人=人差し指 中=中指 薬=薬指 小=小指


をそれぞれ表しています。