マイナーセブンフラットファイブコードの機能と押さえ方 | ギター初心者上達委員会

マイナーセブンフラットファイブコードの機能

マイナーセブンフラットファイブコード(ハーフディミニッシュコード)は明るい響きが特徴です。


トライアド(3和音)でマイナーフラットファイブコードとして使用されることもありますが、通常のマイナーコード(5度をフラットしない)を使用するほうが一般的です。


マイナーセブンフラットファイブにはZ度(ドミナント)としての機能があります。


これは、Zm7♭5(マイナーセブンフラットファイブ)のルートと減5度がX7(ドミナントセブンスコード)の長3度と短7度と同じ=三全音(トライトーン Tritone)になっているためです。


この場合、半音上から、T△7にアプローチします。

また、Ym7をTm7と見た場合のUm7♭5としての役割もあります。
(この場合、VはVm7ではなくV7thになる)

以下は推測ですが、これが、マイナーコードに対するU−X進行のUがマイナーセブンフラットファイブになっている理由であり
Vm7がトニックコードだけではなく、トライトーンが含まれていないにもかかわらずドミナントとしての役割も持っている理由ではないかと思います。


マイナーセブンスコードの構成音は、


【R(ルート) 短3度(m3rd) 5度(P5th) 短7度(7th)】


ルートがC(Cm7)の場合の構成音は


【ド ミ♭ ソ♭ シ♭】


となります。


Cm7の構成音を五線譜で表すと以下のようになります。


      ┌――――┬┐
      ├――――┼┤
シ♭(7) ├――●♭┼┤
ソ♭(♭5)├――●♭┼┤
ミ♭(m3)└――●♭┴┘
ド (R)   ―●―


Cm7との違いは、5度の音が、完全5度→減5度に半音フラットしていることです。


押さえ方と、指板上の音を覚えてしまえばルートのポジションを移動するだけで弾けますので、
各ルートでの構成音や音楽理論的な語句の解説は省略します。


上記の説明で意味が解らない方は、


・指板上の音程の場所を覚えよう。

・音程の呼び方

・ギタリストが音楽理論に弱い訳


の内容をご覧下さい。

※それぞれ別ウィンドウで開きます。

マイナーセブンフラットファイブコードの押さえ方

マイナーセブンフラットファイブコードの代表的な押さえ方です。


6弦ルートのマイナーセブンフラットファイブコード



  |---|---|---|---|   |---|---|---|---|
人|♭5|---|---|---|   |---|---|---|---|
小|---|m3-|---|---|  薬|---|m3-|---|---|
薬|---|-7-|---|---|  中|---|-7-|---|---|
  |---|---|---|---|  小|---|---|♭5|---|
中|---|-R-|---|---|  人|---|-R-|---|---|


5弦ルートのマイナーセブンフラットファイブコード



 |---|---|---|---|  人|♭5|---|---|---|
小|---|---|m3-|---|  小|---|---|m3-|---|
中|---|-7-|---|---|  薬|---|-7-|---|---|
薬|---|---|♭5|---|   |---|---|---|---|
人|---|-R-|---|---|  中|---|-R-|---|---|
 |---|---|---|---|   |---|---|---|---|


4弦ルートのマイナーセブンフラットファイブコード



薬|---|---|m3-|---|
薬|---|---|-7-|---|
薬|---|---|♭5|---|
人|---|-R-|---|---|
 |---|---|---|---|
 |---|---|---|---|


タブ譜上の表記は
R=ルート m3=マイナーサード ♭5=5度 7=マイナーセブンス


タブ譜の左の文字は運指


人=人差し指 中=中指 薬=薬指 小=小指


をそれぞれ表しています。