ドミナントモーション(Dominant Motion)・五度進行 | ギター初心者上達委員会

ドミナントモーション(Dominant Motion)とは

特定のキーで、X7からトニックT△7やTmに、完全5度下(完全4度上)進行する事を、ドミナントモーション(Dominant Motion)と言います。


ドミナントモーションは、X―Tと表されることもあります。


このドミナントモーション(五度進行)は、音楽において、最もスムーズなコード進行であるため、強進行とも言われます。


ドミナントモーション(Dominant Motion)の理論的説明

ドミナントモーションの理論的説明の前に、以下のコード進行をギターで弾いてみてください。初心者でも簡単に弾けるコードです。


C→G7→C


これは、幼稚園や小学校の先生が弾く、起立、礼、着席です。


では次に、C→G7で止めてみてください。


Cを弾きたくなるはずです。


これは、7thコードの3度と7度の音程が、増4度(減5度)音程になっているからです。


全音3つ分の音程になっている事から、これをトライトーン(Tritone)・三全音といいます。


X7のトライトーンである長3度(G7であればシ)の音は、半音上(T△7のルート、C△7であればド)に、短7度(G7のファ)の音は、半音下(T△7の3度・C△7であればミ)の音にそれぞれ進行することで、解決感を得ます。





   トライトーン


   G7 → C△7


┌――●─―――──┐
        ●
├――──―――──┤
        ●
├――●─―――──┤

├――――――───┤

└―――─―――──┘



また、調性に関係なく、短2度上のトニックに進行する事で、調性(Tonality)の安定した音へ導く7th音の事を、導音(Leading Note)と言います。(特定のコードに対して、トニックの半音下の音の事)


G7のシ(X7の長3度)は、C△7のドへと導く導音の役割も持っています。




     導音


   G7 → C△7


┌―――─―――──┐

├――──―――──┤
        ●
├――●─―――──┤

├――――――───┤

└―――─―――──┘


このX7に含まれるトライトーンと導音が、どちらもT△7へ進行する事を促しているため、ドミナントモーションは、音楽的に最もスムーズなコード進行なんです。