ドミナントセブンスコードの機能と押さえ方 | ギター初心者上達委員会

ドミナントセブンスコードの機能

ドミナントセブンスコード(ドミナントセヴンスコード)は不安定な響きが特徴です。


トライアド(3和音)で弾くとメジャーコードと全く同じ構成音の為、不安定感は全く無くなります。


その為、4和音以上で構成された(長3度と短7度を含む)和音のことをドミナントセブンスコード(Domiant 7th Cord)と呼びます。
実際には、ドミナントセブンスでは無く、省略された呼び方で、『ドミナント』もしくは『セブンス』と呼ぶことが多いかもしれません。


ドミナントコードには、その不安定な響きから、5度下のトニックコードへ進行することで落ち着きたくなる性質があります。


例)


C7の場合は、F△7やFm7へ進行して落ち着く(終止する)性質があり
C△7やCm7をT度とした場合のドミナントセブンスコードは、G7となります。


この進行は、最も音楽的にスムーズなコード進行で、ドミナントモーション(Dominant Motion・強進行)と呼びます。


不安定な響きの原因は、長3度から短7度の音程が減5度という独特の響きのする音程になっている為です。


このドミナントコード独特の音程のことを、全音3つ分の音程になっている為三全音(Tritone・トライトーン)と言います。


ドミナントセブンスをX7とした場合
長3度がT度のルート音の半音下からルートにアプローチする導音(Leading Note)になっている。
短7度がT度のルート音に対して5度下から4度進行でアプローチ(音楽的には二番目にスムーズなコード進行)になっている。
そして、トライトーンとは関係がありませんが、X度のルートがT度のルートに対して、音楽的に最もスムーズな5度進行でアプローチしている。


これが、ドミナントセブンスコードが、5度下のトニックコードにに落ち着きたくなる原因です。


またドミナントセブンス(X7)の前に4度上のマイナーセブン(Um7)を加えるとこのトニックへ落ち着きたくなるコードの進行感がさらに強くなり、このコード進行のことをツー ファイブ(トゥー ファイブ・U−X)もしくは、ツー ファイブ ワン(トゥー ファイブ ワン・U−X−T)と言います。


ツーファイブのコード進行の基本として、
T△7へ終止する場合のU度はUm7で良いのですが、
Tm7(Ym7)へ落ち着く場合
Uは、Um7♭5(Zm7♭5)となり、
Xは、オルタードテンション(♭9th・♯9th・♯11th・♭13th)を含むドミナントセブンスコードとなります。


例)


T△7へ終止するU−X進行
Dm7−G7−C△7
Gm7−C7−F△7


Tm7(Ym7)へ終止するU−X進行
Dm7♭5−G7♭9♭13−Cm7
Gm7♭5−C7♭9♭13−Fm7


マイナーセブンスに落ち着くと思わせておいて、メジャーセブンスに落ち着かせるというコード進行もありますので、あくまでも基本として覚えておいてください。
但し、Uにマイナーセブンフラットファイブコードを使用した場合、X7にはオルタードテンションを使用するのが基本です。(特にセカンダリードミナントの場合)


※複雑な説明を避けるため、代理コードとしての機能はここでは記載しません。


マイナーセブンスコードの構成音は、


【R(ルート) 長3度(M3rd) 5度(P5th) 短7度(7th)】


ルートがC(C7)の場合の構成音は


【ド ミ ソ シ♭】


となります。


C7の構成音を五線譜で表すと以下のようになります。


      ┌――――┬┐
      ├――――┼┤
シ♭(7) ├――●♭┼┤
ソ (5) ├――●―┼┤
ミ(M3) └――●―┴┘
ド (R)   ―●―


Cm7との違いは、3度の音が、短3度→長3度に半音シャープしていることで
C△7との違いは、7度の音が、長3度→短7度にフラットしていることです。


押さえ方と、指板上の音を覚えてしまえばルートのポジションを移動するだけで弾けますので、
各ルートでの構成音や音楽理論的な語句の解説は省略します。


上記の説明で意味が解らない方は、


・指板上の音程の場所を覚えよう。

・音程の呼び方

・ギタリストが音楽理論に弱い訳


の内容をご覧下さい。

※それぞれ別ウィンドウで開きます。

ドミナントセブンスコードの押さえ方

ドミナントセブンスコードの代表的な押さえ方です。


6弦ルートのドミナントセブンスコード



  |---|---|---|---|  人|---|-R-|---|---|
薬|---|-5-|---|---|  人|---|-5-|---|---|
小|---|---|M3-|---|  中|---|---|M3-|---|
中|---|-7-|---|---|  人|---|-7-|---|---|
  |---|---|---|---|  薬|---|---|---|-5-|
人|---|-R-|---|---|  人|---|-R-|---|---|


5弦ルートのドミナントセブンスコード



人|---|-5-|---|---|   |---|---|---|---|   |---|---|---|---|
中|---|---|---|M3-|  小|---|---|---|M3-|  人|-R-|---|---|---|
人|---|-7-|---|---|  薬|---|-7-|---|---|  小|---|---|-7-|---|
薬|---|---|---|-5-|  人|M3-|---|---|---|  中|---|M3-|---|---|
人|---|-R-|---|---|  中|---|-R-|---|---|  薬|---|---|-R-|---|
 |---|---|---|---|   |---|---|---|---|   |---|---|---|---|

             5thを省略した形 1   5thを省略した形 2

4弦ルートのドミナントセブンスコード



小|---|---|---|M3-|
中|---|---|-7-|---|
薬|---|---|---|-5-|
人|---|-R-|---|---|
 |---|---|---|---|
 |---|---|---|---|


タブ譜上の表記は
R=ルート M3=メジャーサード 5=5度 7=マイナーセブンス


タブ譜の左の文字は運指


人=人差し指 中=中指 薬=薬指 小=小指


をそれぞれ表しています。