裏コード | ギター初心者上達委員会

裏コードとは

裏コードとは、ドミナントセブンスの代理コードの一つです。


ドミナントセブンスコードのルートから見て、減5度(♭5th)をルートとしたドミナントセブンスコードを裏コードと言います。


例)


C7から見た裏コードは、G♭7ということになります。


裏コードは、ドミナントセブンスコードと同じトライトーン(Tritone)を持っています。トライトーンを形成する短3度と短7度の音程が逆になっている(裏返っている)ことから、裏コードと呼ばれます。


C7のトライトーンは長3度がE(ミ)、短7度がB♭(シ♭)
G♭7のトライトーンは、長3度がB♭(シ)、短7度がE(ミ)です。


ドミナントセブンスコードは、全て裏コードと置き換えることが可能です。

ドミナントセブンスの裏コードの関係

裏コードか見た裏コードは元の表のコードに戻ります・・・説明がわかりにくいですので例を挙げると、G♭7からみた裏コードは、C7に戻ります。


裏コードの関係は、12の全ての音程をルートとしたドミナントセブンスコード同士で6組在るという事になります。


サイクルオブフィフスの図で、対角線上に在るコード同士が裏コードの関係になります。


   サイクルオブフィフスと裏コードの関係


          C          C7⇔G♭7
       G     F
                     G7⇔D♭7
     D         B♭
                     D7⇔A♭7
    A           E♭  
                     A7⇔E♭7
     E         A♭
                     E7⇔B♭7
       B     D♭
          G♭         B7⇔F7




裏コードは、ジャズのエンディングなどではよく使用されますが、U―Xの五度をU♭7に置き換えることで、半音進行を作る事が出来、トニックに半音クリシェでアプローチします。


Dm7―G7―CM7というコード進行が
Dm7―D♭7―CM7となります。


裏コードに対してアドリブを取る事で、ダイアトニックスケールには無い音を使用したジャジーなサウンドのフレーズを弾くことも可能です。


また、通常のX7が鳴っているところで、U♭7が鳴っていると想定したフレーズを弾く事で、スケールアウトしたジャジーなソロを弾くと言う手法もあります。


例)


通常キーCのG7であれば、Cダイアトニックスケール(Cメジャースケール・Gミクソリディアン)を弾くと思いますが、このG7の所で、D♭7が鳴っていると想定して、F#ダイアトニックスケール(F#メジャースケール・D♭ミクソリディアン)を弾く事で、ダイアトニックスケールしか弾けなくてもスケールアウトしたジャジーなフレーズを弾く事が可能です。




 Cメジャー・Gミクソリディアン



┌―──────────────────―───┐

├―──────────―───────―───┤

├──────―───―──―─────―─●─┤
                   ●
├────―───―─―─―─●────────┤
            ●
└─────――●───────────────┘ 
     ●
―●―




 G♭メジャー・D♭ミクソリディアン



┌―─────────────────●―───┐
                ●♭
├―──────────―●♭─────――──┤
          
├──────●♭─―●────────―─―─┤
    ●♭
├●♭──―───―─―─―─―────────┤

└――───―――───────────────┘ 

こうすると、G7から見てD♭ミクソリディアンの


G♭=M7th(m7thとぶつかる為、使用時は非常に注意が必要)
A♭=♭9th(9thのオルタードテンション)
B♭=#9th(9thのオルタードテンション)
B=M3rd
D♭=#11th(11thのオルタードテンション)
F=♭7th


というように、オルタードテンションが多数出てくるため、深く理論やスケールを覚えなくてもジャジーなフレーズを弾く事が可能です。


スケールについての詳しい理論は、こちらで説明しています。


スケール・音階の知識