メジャーセブンスコードの機能と押さえ方 | ギター初心者上達委員会

メアドナインスコードの意味

7種類のコードを紹介しましたが、アドナインス(add9)はコードの種類に入らないのか?こんな疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?


結論から申し上げますと、アドナインス(add9)は、メジャーコードのテンションコードですので、機能的に、メジャーコードと違いはありません。


add9のaddは、アディショナル(Additional)の略で、ぶら下げるというような意味があります。


つまり、9thをぶら下げるコードという意味ですね。


このaddコードには、3度の音が存在します。


add9とは、メジャーコードに9thというテンションをぶら下げるという意味なのでコードの構成音は


【R(ルート) 長3度(M3) 完全5度(P5) 9度(9th)】


Caddならば


【ド ミ ソ レ】


となります


ギターで弾くときは以下のように



人|---|-5-|---|---|
人|---|-9-|---|---|
小|---|---|---|-R-|
薬|---|---|---|-5-|
人|---|-R-|---|---|
 |---|---|---|---|

と弾くことが多いと思います。


3度を弾かないため、調性感が無い。というような解説をしているギター雑誌や教則本もありますし、調性感が無いことを利用して、曲を転調させる手法を使うアーティストもいます。


使い方としては全く間違っていませんが、実際には、3rdが省略されていると解釈しなければいけないのです。


add9には、madd9(マイナーアドナインス)コードがあるように、メジャーコードかマイナーコードかというハッキリとした調性感が実際にはあります。
※マイナーアドナインスは、マイナーコードのトライアドに9thを付けたもの。


madd9の構成音は


【R(ルート) 短3度(m3rd) 完全5度(P5th) 2度(9th)】


Cmadd9ならば


【ド ミ♭ ソ レ】


ということですね。


addというコード表記は、トライアドにテンションをぶら下げるという意味で、実際にはメジャーアドナインスとマイナーアドナインスの区別がありますので
それぞれ、メジャーコード・マイナーコードと同じ機能を持ったテンションコードという解釈になります。

susとaddの違いとコードネームの考え方

sus4コードの説明で簡単にふれた、sus2というコードですが、これもギターで弾くとadd9と同じように



人|---|-5-|---|---|
人|---|-9-|---|---|
小|---|---|---|-R-|
薬|---|---|---|-5-|
人|---|-R-|---|---|
 |---|---|---|---|


で弾くことができます。


add9を弾く場合は、3度を省略しているという解釈。
sus2を弾く場合は、3度を4度に変更しているという解釈です。


どちらの解釈も間違っていませんし、サウンドとしても間違っていません。


コードネームの呼び方の違いとしては、
susは3度をテンションに置き換える。
addはトライアドにテンションをぶら下げる。
という意味で


簡単に言うと7度の音(メジャーセブンスやドミナントセブンス)を加えられるかの違いです。


addコードには、7度の音が存在しません。
というよりも7度が存在したらコードネームが変わってしまうのです。


例)


Cadd9にメジャーセブンスを加えると
コードネームはC△9(Cメジャーナインス)になります。


Cadd9にドミナントセブンスを加えると
コードネームはC9(Cナインス)になります。


どちらもそれぞれ、C△7とC7に9thのテンションを加えたコードですね。


それ対して、Csus4にメジャーセブンスを加えると
コードネームはC△7sus4(Cメジャーセブンスサスフォー)になり


Csus4にドミナントセブンスを加えると
コードネームはC7sus49(Cセブンスサスフォー)になります。


sus4というコードネームに変わりは無く、どちらも3度が4度に変化しているので、メジャー、マイナーの区別はありません。

※7度の音は、マイナーコードでもCmM7・Cm△7(Cマイナーメジャーセブンス)というコードがあるようにメジャー、マイナーの調性を決める音ではありません。

音楽理論を理解していないと混乱してしまう人もいると思いますので


【add○】というコードネームは、、7度の音を弾かずに、○に記されたテンションを加える
※五線譜に記入するとテンションがぶら下がっているように見えるため


Caddを五線譜で表すと以下のようになります。


     ┌――――┬┐
レ(9) ├――●―┼┤←これがぶらさがっている様に見える
     ├――――┼┤
ソ 5) ├――●―┼┤
ミ(M3)└――●―┴┘
ド(R)   ―●―


【sus○】というコードネームは、3度の音を、○に記されたテンション(実際は2度か4度)に変更する


と覚えておきましょう。


addとは、セブンスを省略することを示しているだけで、
実際には、メジャーコードやマイナーコードと同じように使用できます。