オーギュメントセブンス6弦ルート コード分解アルペジオ | ギター初心者上達委員会

オーギュメントセブンス6弦ルート コード分解アルペジオ練習フレーズ

6弦ルートから始まるオーギュメントセブンスコードのアルペジオです。


ギター指板上のポジションと練習フレーズは以下の通りです。


6弦ルートオーギュメントセブンスアルペジオの指板上のポジションです。


R=ルート 3=M3rd 5=#5th 7=m7th


|---|-7-|---|-R-|---|---|---|---|
|---|---|---|---|-5-|---|---|---|
|---|---|---|---|-3-|---|---|---|
|---|---|---|-7-|---|-R-|---|---|
|---|---|-3-|---|---|---|-5-|---|
|---|---|---|-R-|---|---|---|---|


|---|-R-|---|---|---|---|---|---|
|---|---|-5-|---|-7-|---|---|---|
|---|---|-3-|---|---|---|---|---|
|---|-7-|---|-R-|---|---|---|---|
|---|---|---|---|-5-|---|---|---|
|---|-R-|---|---|---|-3-|---|---|


6弦ルートから始まるCオーギュメントセブンスアルペジオ



|-----------------6-8-6-----------------|
|---------------9-------9---------------|
|-------------9-----------9-------------|
|--------8-10---------------10-8--------|
|---7-11-------------------------11-7---|
|-8-----------------------------------8-|


|---------------------8---------------------|
|----------------9-11---11-9----------------|
|--------------9-------------9--------------|
|---------8-10-----------------10-8---------|
|------11---------------------------11------|
|-8-12---------------------------------12-8-|


オーギュメントコードのブロークンコードアルペジオは、他の4和音のブロークンコードに比べて運指が難しいと思います。


オーギュメントコードアルペジオは、使用頻度も少ないですし、ホールトーンスケールで対応できるので、覚えるのは後回しでも良いと思います。


ですが、弾く際は必ず、弾いている音がコード構成音の何度の音なのかを確認し、指板上のポジションと音程の響きを覚える事を意識しながら練習しましょう。


また、慣れてきたら弾いている音程を口に出し、歌いながら練習すると効果的です。


スウィープではありませんので、オルタネイトピッキングで演奏します。


両方の運指パターンを覚えておいたほうが、アドリブ時のフレージングに応用が利きます。


全てのルート音のオーギュメントセブンスコードで、ギターで即座に弾けるように練習しましょう。