ペンタトニックスケールの組み合わせでダイアトニックモードを弾く | ギター初心者上達委員会

ペンタトニックスケールでダイアトニックモードを弾く

ダイアトニックコードにマイナーペンタトニックスケールを当てはめて、ダイアトニックモードを弾いてしまう方法を紹介します。


これを覚えておくと、ペンタトニックしか知らない初心者でも、ダイアトニックコードに対してモード的なアプローチを行うことが出来ます。


初心者だけでなく、ダイアトニックコードのアドリブがマンネリ化してきた場合にも、フレーズに変化を与える事ができます。

ダイアトニックコードに当てはめるペンタトニックスケール

各ダイアトニックコードに当てはめられるマイナーペンタトニックスケールを紹介します。


・TM7


TM7には、Vマイナーペンタトニックが使用出来ます。


構成音は、M3rd・5th・13th・M7th・9thになります。


・Um7


Um7には、UマイナーペンタトニックとVマイナーペンタトニックとYマイナーペンタトニックが使用出来ます。


構成音は、Uマイナーペンタが、ルート・m3rd・11th・5th・m7th
Vマイナーペンタが9th・11th・5th・13th・ルート
Yマイナーペンタが、5th・m7th・ルート・9th・11thになります。


・Vm7


Vm7には、Vマイナーペンタトニックが使用出来ます。


構成音は、ルート・m3rd・11th・5th・m7thです。


・WM7


WM7には、VマイナーペンタトニックとYマイナーペンタトニックが使用出来ます。


構成音は、VマイナーペンタがM7th・9th・M3rd・#11th・13th
YマイナーペンタがM3rd・5th・13th・M7th/9thになります。


・X7


X7にはVマイナーペンタトニックが使用出来ます。


構成音は、13th・ルート・9th・M3rd・5thです。


・Ym7


Ym7には、VマイナーペンタトニックとYマイナーペンタトニックが使用出来ます。


構成音は、Vマイナーペンタが5th・m7th・ルート・9th・11thになり
Yマイナーペンタがルート・m3rd・11th・5th・m7thになります。


・Zm7♭5


Zm7♭5には、Vマイナーペンタトニックが使用出来ます。


構成音は、11th・♭13th・m7th・ルート・m3rdとなります。

覚えておきたいペンタトニックスケール

この中で特に覚えておくと便利なのは、ダイアトニックコード全てに共通して使えるVマイナーペンタです。


いざとなれば、Vマイナーペンタでダイアトニックコードを弾ききる事も出来ますので、これも覚えておいて損はないと思います。