ペンタトニックをアウトさせるスリリングなギタープレイ | ギター初心者上達委員会

ペンタトニックをアウトさせる

ペンタトニックをスケールアウトさせて、スリリングなギターフレーズを弾く方法を紹介します。


スケールアウトさせると言っても、ジャズやフュージョンのようにオルタードテンションを使用する訳ではありません。


単純にペンタトニックで弾いた3音〜4音位の短いフレーズを、1フレット上、もしくは下に半音ずらして弾き、また元のポジションに戻るだけです。


弾き方は簡単ですし、理論的に説明できるものでもありませんが、実際にこの手法を使ってフレージングしているフュージョン系のギタリストもいます。


完全に調性のはずれた音を弾くので、一瞬起アウトするフレーズが緊張感を生み出してくれます。

ペンタトニックをアウトさせるコツと楽譜

ペンタをアウトさせるフレーズのコツは、スケール内のフレーズ→半音ずらしたフレーズ→スケール内のフレーズという具合に、必ずスケール内の音で弾いたフレーズの間にアウトさせた(1フレットずらしたポジションの)フレーズを混ぜると言う事です。


緊張感を出した後、フレーズをコードトーンにしっかりと解決させる事で、アウトフレーズをミストーンではなく意図的に行ったフレーズとして聞かせる事が出来ます。


この辺りは若干センスも含まれるかもしれませんが・・・


そして、もう一つは闇雲にアウトさせるのでは無く、同一フィンガリングフォームのフレーズ単位でアウトさせる事です。


これは、ジャズやフュージョン系のギタリストがドミナントセブンスで弾く、フレーズ単位でクロマチック移動する事に近いアプローチとも言えますが、フレーズ単位で移動させる事でミストーンに聞こえないようにします。


最後に、このペンタトニックを半音動かすアプローチは完全にはずれた音を弾くプレイなので、アウトさせるフレーズは長くても1拍〜2拍以内に押さえるのが無難です。


長くアウトしていると、完全にポジションを間違えているようにしか聞こえませんし、収集が付かなくなってしまいます。


まずは、上記にもあるように3音から4音のモチーフで移動させて間隔を掴んでみて下さい。


以下はAマイナーペンタトニックを使用したアウトフレーズの譜面です。


3音モチーフの半音ずらし

Am


|-8-5---9-6---8-5---7-4---8-5---5-|
|-----5-----6-----5-----4-----5---|
|---------------------------------|
|---------------------------------|
|---------------------------------|
|---------------------------------|

6音モチーフの半音ずらし(ちょっとやりすぎ?)

Am

|-8-5-------5-9-6-------6-8-5-----|---5-7-4-------4-
|-----8-5-8-------9-6-9-------8-5-|-8-------7-4-7---
|---------------------------------|-----------------
|---------------------------------|-----------------
|---------------------------------|-----------------
|---------------------------------|-----------------

-8-5-------5-8- -|
-----8-5-8-------|
-----------------|
-----------------|
-----------------|
-----------------|


以上が簡単なアウトフレーズの譜例です。


5フレットと8フレットが通常のAマイナーペンタトニックスケール音(スケール内のフレーズ)です。


6フレットと9フレットは半音上にアウトさせたフレーズ


4フレットと7フレットは半音下にアウトさせたフレーズです。


他にも色々とフレーズは作れますので、考えてみてください。